著作権重要判例要旨[トップに戻る]







著作権と取得時効
「ポパイのキャラクター著作権侵害事件」
平成90717日最高裁判所第一小法廷判決平成4()1443 

[参考:民法163条(所有権以外の財産権の取得時効)]

所有権以外の財産権を、自己のためにする意思をもって、平穏に、かつ、公然と行使する者は、前条の区別に従い二十年又は十年を経過した後、その権利を取得する。
 

 著作権法21条に規定する複製権は、民法163条にいう「所有権以外ノ財産権」に含まれるから、自己のためにする意思をもって平穏かつ公然に著作物の全部又は一部につき継続して複製権を行使する者は、複製権を時効により取得すると解することができるが、複製権が著作物の複製についての排他的支配を内容とする権利であることに照らせば、時効取得の要件としての複製権の継続的な行使があるというためには、著作物の全部又は一部につきこれを複製する権利を専有する状態、すなわち外形的に著作権者と同様に複製権を独占的、排他的に行使する状態が継続されていることを要し、そのことについては取得時効の成立を主張する者が立証責任を負うものと解するのが相当である。

 ⇒参考:「ポパイのキャラクター著作権侵害事件」(H9-最判)全文











相談してみる

ホームに戻る