著作権重要判例要旨[トップに戻る]







スケジュール管理ソフト(表示画面)の侵害性が問題となった事例
スケジュール管理ソフト販売事件平成150128日東京地方裁判所(平成14()10893 

【コメント】本件は、原告が、「PIM(Personal Information Management」と呼ばれるスケジュール管理ソフト(「PIMソフト」)である「原告製品」を販売していたところ、被告らによる被告製品(PIMソフトを収納した記録媒体)の制作販売行為が、当該原告製品に対する著作権(複製権、翻案権)を侵害するなどと主張して、被告製品の販売差止め等を求めた事案です。 

 著作物の複製又は翻案が認められるためには,原告製品の表現上の創作性を有する部分が被告製品と実質的に同一であるか又は被告製品から原告製品の表現上の創作性を有する部分の表現上の本質的な特徴を直接感得することができなければならないと解される。
 …
によると,原告製品は,PIMソフトといわれるものの一種であり,その基本的な機能は,個人のスケジュール管理,アドレス帳及び日記の3つに集約されるものと認められる。しかし,個人のスケジュール管理,アドレス帳,日記といったものについては,それぞれその機能に由来する必然的な制約が存在するものであるし,また,コンピュータの利用が行われるようになる前から,紙製の手帳,アドレス帳,日記帳といったものが存在していたのであるから,このような紙製の手帳等に用いられている書式や構成は,原告製品よりはるか前から既に知られていたものである。さらに,…によると,他に多くのPIMソフトが存在するものと認められるから,これらのPIMソフトにおいて知られているありふれた書式や構成というものが存在すると考えられる。そうすると,原告製品の表示画面については,各表示画面における書式の項目の選択やその並べ方,各表示画面の選択・配列などの点において,作成者の知的活動が介在し,作成者の個性が創作的に表現される余地があるが,作成者の思想・感情を創作的に表現する範囲は,上記の理由により限定されているものというべきであるから,被告製品が原告製品の複製又は翻案であるかどうかを判断するに当たっては,以上のような点を十分考慮する必要があるものというべきである。

【コメント】以上のような総論を述べた上で、「原告製品と被告製品の対比」を行い、例えば、「週表示画面」について、「以上によると,被告製品の週表示画面は,原告製品の週表示画面を複製又は翻案したものということはできない。」と判示し、結論として、(全体としても)「被告製品は,原告製品を複製又は翻案したものと認めることはできない。」と判示しました。 











相談してみる

ホームに戻る