著作権重要判例要旨[トップに戻る]







ゲームソフトのタイトルの改変を同一性保持権侵害と認定した事例
「サウンドノベルゲーム用シナリオ無断改変事件」
平成130830日大阪地方裁判所(平成12()10231 

 また、本件ソフトのゲーム表示画面上及びオープニングムービー内に表示されたタイトルが「まいにちがすぷらった!」であることは前記のとおりであり、これは、本件シナリオの著作者である原告が付けた題号「毎日がすぷらった」に被告が変更を加えたものであるから、著作権法201項にいう題号の改変に当たる











相談してみる

ホームに戻る