著作権重要判例要旨[トップに戻る]







メモリーカードの使用がゲームソフトに係わる同一性保持権を侵害すると認定した事例(2)
PS2専用メモリーカード編集ツール販売事件」平成140830日東京地方裁判所(平成13()23818/平成160331日東京高等裁判所(平成14()4763 

【コメント】本件は、原告は、プレイステーション2(「PS2」)用ゲームソフト(「本件ゲームソフト」)のコンピュータプログラム及び本件ゲームソフトの登場人物の画像、音楽その他一切の著作物に関する著作権及び著作者人格権を有するところ、被告が、本件ゲームソフトに「かすみ」という名称で登場するキャラクターについて、そのユーザーが裸体の「かすみ」を選択できるようにメモリーカード上のパラメータ・データを編集できるプログラム(「本件編集ツール」)を開発し、これをCD-ROMマガジンのCD-ROM(「本件CD-ROM」)に収録し、全国で販売した(ユーザーが本件編集ツールを実行し、市販のPS2専用メモリーカードのデータを書き換え、このメモリーカード(「本件メモリーカード」)を使用すると、元来「かすみ」のコスチュームとして使用することが予定されていない裸体画像がコスチュームの1つとして選択可能となる。)ことから、原告が、そのキャラクターのコスチューム画像を改変し得る本件編集ツールを作成の上、それを本件CD-ROMに収録し、販売した被告の行為は、原告の翻案権又は同一性保持権を侵害するものであると主張して、損害の賠償を請求した事案です。 

【原審】

 本件ゲームソフトの映像は,思想又は感情を創作的に表現したもので,文芸,学術,美術又は音楽の範囲に属するものとして,著作権法211号にいう著作物ということができるものと解される。そして,上記で認定した事実によると,本件編集ツールによって編集された本件メモリーカードを使用して,本件裸体画像を表示することは,本件ゲームソフト中の「かすみ」のコスチュームの映像を改変するものであって,原告の本件ゲームソフトに対して有する同一性保持権を侵害するものと解するのが相当である。なぜなら,上記で認定した事実によると,通常市販されているメモリーカードを使用した場合には,「かすみ」の使用可能なコスチューム数の最大値は6であって,本件裸体画像を表示することはできないところ,本件メモリーカードを使用することによって,上記コスチューム数の制限を超え,本件裸体画像を表示することが可能になるからである。

【控訴審】

 
本件ゲームソフトは,ユーザーが,「ストーリーモード」を選択してプレイした場合,各キャラクターの対戦成績に対応してコスチューム数が増加し,「かすみ」においては,初期段階では2種類のコスチューム(「C1」は忍装束(青),「C2」は忍装束(白))から選択することができるにすぎないが,対戦相手との戦闘に勝利してゲームをクリアするごとに選択可能なコスチュームが増え,最終的には,6種類のコスチューム(「C1」は忍装束(青),「C2」は忍装束(白),「C3」は忍装束(赤),「C4」は忍装束(黒),「C5」は制服,「C6」は制服(冬服))を選択することができるようになるという設定となっているものであることは上記のとおりである。ユーザーが,通常にプレイした場合,対戦画面において「かすみ」が本件裸体影像で対戦相手と戦闘することはないのに対し,本件メモリーカードを使用すると,「かすみ」が本件裸体影像で対戦相手と戦闘することができるようになるものであり,これは,本件ゲームソフトの対戦画面の影像ないしゲーム展開が,本来予定された範囲を超えたものである。したがって,本件メモリーカードの使用は,本件ゲームソフトを改変し,本件同一性保持権を侵害するものというべきである(。)
 控訴人は,平成10年最判を引用し,本件編集ツールにより改変された本件裸体影像は,被控訴人が創作した6種類のコスチュームの表現形式上の本質的特徴を維持していないから,本件裸体影像を表示することは,本件ゲームソフト中の「かすみ」のコスチューム影像を改変するものということはできず,本件同一性保持権の侵害に当たらない旨主張する。しかしながら,本件裸体影像を表示することは,本件ゲームソフト中の「かすみ」のコスチューム影像,すなわち,「C1」の忍装束(青),「C2」の忍装束(白),「C3」の忍装束(赤),「C4」の忍装束(黒),「C5」の制服及び「C6」の制服(冬服)を改変するものではないが,被控訴人が主張している改変は,上記コスチュームを着けた形で表現している「かすみ」の影像であって,当該コスチューム部分のみにとどまるものではなく,本件編集ツールにより改変された本件裸体影像が裸体の「かすみ」であることは,控訴人自身,本件CD-ROMCD-ROMマガジン「お楽しみCD30号のパンフレット及びその広告中において,「ヌードのカスミでゲームする!」,「[PSメモリーカード変更]裸霞,全コスチューム使用可能」と表示していることからも明らかである。したがって,本件裸体影像は,被控訴人が創作的に表現した6種類のコスチュームを着けた形で表現されている「かすみ」の影像との表現形式上の本質的特徴を維持しているというべきである。











相談してみる

ホームに戻る