著作権重要判例要旨[トップに戻る]







手あそび歌を素材としたDVD付き書籍の編集著作物性
「‘手あそびうた’振付けDVD付き書籍出版事件」平成210828日東京地方裁判所(平成20()4692 

【コメント】本件で問題となった原告書籍は、書籍本体(「原告書籍本体」)及びこれに付属するDVD(「原告DVD」)から構成されており、原告書籍本体には、歌(歌詞及び楽譜)と歌に合わせた手、指等の身体の振付けを説明した文章及びイラストが掲載され、原告DVDには、歌及び振付けの実演の録音・録画が収録されています。 

 原告書籍本体及び原告DVDの編集著作物性について
 …によれば,原告書籍本体に掲載された手あそび歌の曲名及び振付けは,原告の編集部所属の従業員が,童歌,童謡から最近の曲まで多種のものがある手あそび歌の中から,幼稚園の教諭に対するアンケートの集計結果を踏まえて,定番の曲を外さず,幼稚園で人気が高く,よく遊ばれているものを選択することを基本としながらも,人気が高くなくても手あそび歌のジャンル(「指あそび」,「手あそび」,「身体あそび」,英語の歌など)の多様性にも配慮したり,定番の曲でもできるだけ他社書籍とは異なるバージョンの歌詞や振付けを選択するなどして,他の書籍との差別化を図る方針とし,また,原告DVDの収録曲については,制作費とDVDの容量の都合から,原告書籍本体の掲載曲のうち,幼稚園の教諭の意見を取り入れて子供たちがより喜ぶ人気曲を選択し,その中でジャンルが偏らないようにバランスを重視するなどの方針とし,上記各方針に基づいて,原告書籍本体の掲載曲(63曲)及び原告DVDの収録曲(29曲)の曲名及び振付けが選択されたことが認められるから,上記曲名及び振付けの選択には,原告の編集部所属の従業員の思想又は感情が創作的に表現されていることは明らかである。
 
したがって,原告書籍本体及び原告DVDは,素材である手あそび歌の曲名及び振付けの選択において創作性を有する編集著作物に当たるものと認められる。











相談してみる

ホームに戻る