著作権重要判例要旨[トップに戻る]







ビジネスソフトの表示画面の著作物性
「ビジネスソフト『サイボウズ』vs.『アイオフィス』事件」
平成140905日東京地方裁判所(平成13()16440 

 一般に,電子計算機に対する指令(コマンド)により画面(ディスプレイ)上に表現される影像についても,それが「思想又は感情を創作的に表現したもの」(著作権法211号)である場合には,著作物として著作権法による保護の対象となるものというべきである。すなわち,美術的要素や学術的要素を備える場合には,美術の著作物(著作権法1014号)や図形の著作物(同項6号)に該当することがあり得るものであり,いわゆるコンピュータゲームにおいて画面上に表示される影像などには美術の著作物に該当するものも少なくないが,この点は,いわゆるビジネスソフトウェアについても同様に当てはまるものということができる。











相談してみる

ホームに戻る