著作権重要判例要旨[トップに戻る]







出版権侵害の成否
「書籍『チーズはどこへ消えた?』vs.『バターはどこへ溶けた?』事件」
平成131219日東京地方裁判所(平成13()22103 

【コメント】本件は、債務者らが「債務者書籍」(題号:『バターはどこへ溶けた?』)を出版し、販売する行為は、本件著作物(‘Who Moved My Cheese ?’の日本語訳版である『チーズはどこへ消えた?』と題する著作物)について債権者甲(翻訳者)の有する著作権並びに債権者扶桑社の有する出版権等を侵害すると主張して、債権者らが債務者らに対して、出版等の差止め及び債務者書籍の廃棄を求めた仮処分事件です。 

 出版権の侵害について
 
出版権者は,著作権者との間の契約で定めるところにより,頒布の目的をもって,その出版権の目的である著作物を原作のまま印刷その他の機械的又は化学的方法により文書又は図画として複製する権利を専有する(著作権法80条)。
 本件において,前記で認定したとおり,債権者扶桑社は債権者甲との間の契約により本件著作物の出版権を取得したが,その内容は本件著作物を原作のまま印刷し文書として複製するというものである。
 
他方,債務者道出版の出版に係る債務者書籍は,前記で認定したとおり本件著作物を翻案した部分を含むものであるが,本件著作物の複製物でないことは明らかである。
 
したがって,債権者扶桑社の出版権侵害を理由とする申立ては,理由がない。











相談してみる

ホームに戻る