著作権重要判例要旨[トップに戻る]







肖像写真をトレースして作成した絵の翻案性が問題となった事例
「政治宣伝用ビラ作成配布事件」
平成150226日東京地方裁判所(平成13()12339/平成161129日東京高等裁判所(平成15()1464 

【原審】

 
当該著作物が先行する著作物を翻案したものであるというためには,当該著作物が先行著作物に依拠して作成されたものであり,かつ,当該著作物が,先行著作物の表現形式上の本質的特徴部分を直接感得できる程度に類似していることが必要である。ところで,写真の著作物については,写真に著作物としての創作性が付与されるゆえんが,撮影や現像における独自の工夫によって創作的な表現が生じ得ることにあるというべきであるから,当該著作物が,写真の先行著作物を翻案したか否かを判断するに当たっては,先行著作物が撮影された際に,創意工夫がされたことによる創作的な表現部分,すなわち,表現上の本質的特徴部分が,後の著作物に現れているか否かを対比検討して判断すべきである。
 
そこで,上記の観点から,本件ビラ絵と原告写真2とを対比する。
 
(略)
 本件ビラ絵と原告写真2とは,Dの顔及び上半身の輪郭並びに目,鼻,口,耳,眼鏡,ネクタイ及び勲章の位置及び形状において,類似性が認められる。
 
しかし,@原告写真2Dの表情,輪郭等,及び本件勲章が鮮明に写し出されているのに対し,本件ビラ絵は,Dの顔の表情や輪郭,本件勲章の形状の細部までは,正確に描写されていないこと,A原告写真2はカラーであるのに対し,本件ビラ絵はモノトーンであること,B原告写真2では,Dは式帽を着用していないのに対し,本件ビラ絵では式帽を着用していること,C原告写真2では,Dはスーツ姿であるのに対して,本件ビラ絵では,ローブ様のものを着用している点,D原告写真2は,背景の装飾品がぼかして撮影されているのに対して,本件ビラ絵は,背景が省略されている点等大きく相違する。
 
以上のとおり,本件ビラ絵は,本件写真2における,Dの顔の表情,輪郭等の具体的な表現上の特徴はすべて捨象されているのであって,本件写真2の表現形式上の本質的特徴部分を感得する程度に類似しているとはいえない

【控訴審】

 1審原告は,1審原告写真2は,背景,照明,光量,絞り等の工夫のみならず,被写体であるC【管理人注:原審の「D」のこと】と大十字勲章の組合せや配置,ポーズ,表情等にも工夫が加えられているから,これらも表現形式上の本質的特徴部分に当たるとした上,1審原告写真2のうちの肖像部分を細部までトレースして作成された本件ビラ絵からは,1審原告写真2の上記本質的特徴部分が看取されるから,本件ビラ絵は1審原告写真2の複製物又は翻案物に当たると主張する。
 
しかしながら,本件ビラ絵が,1審原告写真2におけるCの肖像部分の輪郭等を手書きでなぞって線で表現するという表現形式を採ることによって,Cの顔の表情,輪郭等の1審原告写真2における具体的な表現上の特徴をすべて捨象し,それらの特徴を感得させないものとなっていることは,上記引用に係る原判決説示のとおりというべきである。そして,被写体である人物とその人物の装用品等の組合せや配置,人物のポーズ,表情等は,1審原告写真2のような肖像写真の撮影において,常に考慮される要素であるから,それらが具体的に表現された表現形式を抜きに,それ自体として写真の表現における本質的な特徴部分と評価すべきものではない本件ビラ絵は,上記のとおり,写真を手書きの線による表現へと変更することによって,1審原告写真2における具体的な表現上の特徴がすべて捨象されているものであるから,1審原告写真2の表現上の本質的な特徴を直接感得させるものとはいえず,1審原告写真2の複製,翻案のいずれにも当たらないというべきである。











相談してみる

ホームに戻る