著作権重要判例要旨[トップに戻る]







一般不法行為の成否-否認事例A-
「スクール・講座情報誌『ケイコとマナブ』事件」
平成160330日東京地方裁判所(平成15()285/平成170329日東京高等裁判所(平成16()2327 

【原審】

 一般不法行為の成否について
 
原告は,仮に被告各情報誌の製作,発売等が原告各情報誌の著作権侵害に該当しないとしても,被告は,被告各情報誌の編集において,原告各情報誌のカプセル体系を模倣し,アイコン一覧表及びアイコンによりスクール・講座の特徴を表示するというアイデアを模倣し,レイアウトを模倣し,ウェブサイトの利用方法についても模倣しているのであって,このような模倣行為は,著しく不公正な手段を用いて他人の法的保護に値する営業活動上の利益を奪うものとして一般不法行為(民法709条)に該当する旨を主張する。
 
しかしながら,一般に,市場における競争は本来自由であるべきこと,自由な言論活動はできる限り保障されるべきであることに照らせば,著作権侵害行為に該当しないような情報誌の編集・発行行為については,当該行為がことさらに相手方に損害を与えることのみを目的としてなされたような特段の事情が存在しない限り,民法上の一般不法行為を構成することもないというべきである。
 
本件においては,このような特段の事情が存在することは証拠上認められないものであり,加えて,前記において説示したとおり,原告各情報誌と被告各情報誌の間では掲載される広告記事のスクール名がそれぞれ4割ないし5割程度しか一致していない上,広告記事の分類配列方法についても完全に一致しているものではなく,アイコンの個数,種類及び名称並びにその配列の順序も完全に一致しておらず,…によれば,情報誌全体におけるカラーページの割合,全体的構成や主要ページのレイアウトも異なる印象を与えるものであるから,これらの事情に照らせば,被告による被告各情報誌の製作・販売等が一般不法行為を構成する旨の原告の主張は,到底採用できない。

【控訴審】

 
控訴人は,被控訴人は,被控訴人各情報誌において,控訴人各情報誌の広告記事・インデックスの配列方法,アイコン一覧表,レイアウト及びFAXシートを模倣し,また,控訴人の運営する控訴人サイトの手法を模倣し,被控訴人サイトを運営して,被控訴人各情報誌を発行する行為は,控訴人の獲得してきた媒体としての信用にただ乗りし,控訴人の顧客を奪取するという不正競争的意図を有するものであって,著しく不公正な手段を用いて他人の法的保護に値する営業活動上の利益を違法に侵害するものとして,不法行為を構成すると主張する。
 しかしながら,控訴人各情報誌の配列方法,アイコン一覧表,レイアウト及びFAXシート並びに控訴人の運営する控訴人サイトの手法は,著作権法上の保護を受けるものではなく,控訴人がその独占的使用を主張し得る筋合いのものではないから,被控訴人においてこれらのノウハウを使用する行為は,それがデッド・コピーに当たるなど自由競争の範囲を逸脱したものと認められる特段の事情がある場合を除き,何ら違法性を帯びるものではないところ,被控訴人各情報誌及び被控訴人サイトは,控訴人各情報誌及び控訴人サイトをデッド・コピーしたものであると認めることができないことは,以上の判示に照らして明らかであり,他に,上記の特段の事情の存在をうかがわせるに足りる証拠はない。
 
したがって,被控訴人に控訴人主張のような不法行為に該当する行為を認めることはできないから,控訴人の不法行為に基づく請求も,その余の点について判断するまでもなく,理由がない。











相談してみる

ホームに戻る