著作権重要判例要旨[トップに戻る]







譲渡契約の解釈(6)
「‘誕生花’写真集複製・公衆送信事件」平成160212日大阪地方裁判所(平成14()13194 

【コメント】本件は、写真家である原告が、「誕生花」としての花の選択並びにこれについて原告が撮影した花の写真及び花言葉の組合せ全体について著作権を有すると主張して、これを被告大原種苗が原告に無断でパンフレットに掲載した行為が原告の著作権(複製権)を侵害するなどと主張して、被告に対してその損害賠償を請求した事案です。

 
本ケースでは、次のような事実関係がありました。

原告は、1366日に1日ごとに計366種の花を1つずつ「誕生花」と称して対応させた花の写真及びその花言葉の組合せからなる写真集を創作した。
財団法人夢の架け橋記念事業協会(以下「協会」という。)は、ジャパンフローラ2000(「淡路花博」)の広報用ポスターの制作を株式会社電通に発注した。電通は、原告の了解を得て、上記の「誕生花」の写真及び花言葉を掲載したポスター(「本件ポスター」)を製作して協会に納入した。 


 被告大原種苗は、本件ポスターの作成に当たって、著作権等の権利が注文主である電通に帰属することになっていたと主張するところ、確かに、協会と電通との間の本件ポスターの作成委託に関する「委託契約書」の第11条には、「著作権」との表題で、「淡路花博『ジャパンフローラ2000PR紙面の著作権は、甲(協会を指す。)に帰属する。」と記載されていることが認められる。
 
しかしながら、上記契約書の文言自体、「淡路花博『ジャパンフローラ2000PR紙面の著作権」とあって、本件誕生花の部分を含む本件ポスター全体についての著作権の帰属を定めたものとは文言からも解しがたいし、上記契約書の作成に原告が関与したことを認めるに足りる証拠もない。本件ポスターの作成経過を検討しても、電通が協会に提出した、淡路花博プロモーション計画案には、「『誕生花366日・A写真集』を起用した366日の誕生花プロモーション展開」と記載され、既に写真集として成立して刊行されている著作物を用いることが予定されていたにとどまり、期間を限定して開催される博覧会のプロモーションに用いるに当たって、その使用許諾にとどまらずに、著作権の譲渡までを受けることまで予定されていたとは通常考えがたい。そして、本件ポスターの製作に当たって原告が電通に交付した請求書の控えにも、原告が電通に著作権を譲渡したことをうかがわせる記載は存在しない。かえって、上記請求書の控えのうち、平成1234日付のものには、品名として「誕生花用写真データ使用料」、摘要として「(花博ポスター増刷)」との記載があり、これによれば、本件ポスターの増刷に当たって、原告が電通に写真データの使用料を請求したことが認められる。さらに、本件ポスターに掲載された本件誕生花の部分のすぐ下には「KITA Shunkan Photo Library」との表示がされており、このことは、電通においても当然に認識していたものと推認できる。これらの事実によれば、本件ポスターの作成に当たって、原告は本件誕生花についての著作権を電通に譲渡していなかったことを推認することができる











相談してみる

ホームに戻る