著作権重要判例要旨[トップに戻る]







建築設計図の著作物性(4)
「フランステレコム移転事務所設計図コンペ事件」平成150226日東京地方裁判所(平成13()20223 

 原告設計図の創作性について
 
設計図は,そのすべてが当然に著作権法上の保護の対象となるものではない。設計図が著作物に該当するというためには,その表現方法や内容に,作成者の個性が発揮されていることが必要であって,その作図上の表現方法や内容が,ありふれたものであったり,そもそも選択の余地がないような場合には,作成者の個性が全く発揮されていないものとして,著作物には当たらないというべきである。
 
そこで,前記認定した事実を基礎として,原告設計図が著作物性を有するか,及び原告設計図の創作的な特徴部分はどこかについて検討する。
 
上記認定のとおり,@原告設計図においては,特殊な形状の建物の内部設計について,顧客である被告フランステレコムから各専用部分や共用部分の種類,個数,面積,位置関係等に関して詳細な設計条件を付され,これらの設計条件に適合することが必要であるため,設計者が自由に選択できる事項としては,「各部屋及び通路の具体的形状」及び「全体の配置」などに限られていたこと,A原告設計図における表現方法は,極く一般の設計図において用いられる平面的な表現方法であって,表現方法における格別の個性の発揮はないこと,B本件事務所を,南側壁面に沿った3つのエリアと,西側壁面に沿った細長いエリアに分けるという発想は,正にアイディアそのものであって,この点が著作権法上の保護の対象となり得る表現とはいえないこと等の点を総合考慮すると,原告設計図において,創作性のある部分は,FTJ,日本研究所及びエトラリの各専用部分や各部屋及び通路等の具体的な形状及び具体的な配置の組合せにあるということができる。











相談してみる

ホームに戻る