著作権重要判例要旨[トップに戻る]







著作権フリー画像素材集の制作販売者の注意義務
著作権フリー写真集CD-ROM覚書事件平成170329日大阪地方裁判所(平成14()4484 

 本件覚書は,原告写真144点を確認の上,原告が被告イシイに対しその使用を許諾し,被告イシイは原告に著作権使用料を支払うこと,販売組数を1年ごとに報告し,500組を超えて販売する場合には著作権追加使用料を支払うこと等をその合意内容とするものである。そして,本件におけるビジュアルディスク(管理人注:写真をデジタル画像データ化してCD-ROMに収録した、いわゆる「著作権フリーの画像素材集」で、CD-ROMの購入者がそこに収録されたデータを複写・改変等を行っても著作権者が著作権に基づく権利行使等をしないことを前提としていた。)のような,収録されているデジタル画像データの複写や改変行為に対して,データの基となった写真を撮影した者(写真の著作権者)が著作権及び著作者人格権を行使しないことを前提とする商品の性質に照らせば,写真の著作権者とCD-ROMの制作販売者との間で締結される利用許諾契約においては,とりわけ制作販売者側における写真の著作権者の有する著作権に対する格段の配慮が要求されると解すべきであって,いやしくも,上記許諾契約上許容されている範囲を超えて複製行為又は公衆送信行為を行ったりしてはならないことはもちろん,著作権者側から著作権の有無等について疑義が出された場合にはこれに対し真摯に対応すべき本件覚書に基づく契約上の注意義務を負担するものというべきである。











相談してみる

ホームに戻る