著作権重要判例要旨[トップに戻る]







楽曲の翻案性(編曲性)が問題となった事例
「『どこまでも行こう』・『記念樹』/フジテレビ事件」平成151219日東京地方裁判所(平成14()6709 

【コメント】本件は、被告(全国ネットの放送局)が自ら「乙曲」を放送し、「乙曲」を放送用に録音して、系列局に「乙曲」を放送させた行為につき、原告会社が「甲曲」の著作権(法27条又は法28条の権利)侵害を理由として、原告Aが「甲曲」の著作者人格権侵害を理由として、被告に対し、それぞれ不法行為に基づく損害賠償を請求した事案です。

 
本件における主要な事実関係は、概ね次のとおりです。

原告Aは、昭和41年、歌曲「どこまでも行こう」を作詞作曲して、その歌詞及び楽曲(その楽曲を「甲曲」という。)の各著作物について著作権及び著作者人格権を取得した。原告Aは、昭和42年、原告会社に対し、甲曲についての著作権を、その歌詞に係る著作権とともに信託譲渡した。

株式会社ポニーキャニオン及び株式会社フジパシフィック音楽出版は、共同で、被告及びその系列局で放送するテレビ番組のCDアルバムを制作することを企画し、アルバム中の「記念樹」につきその作曲を作曲家であるCに依頼した。

Cは、平成4年、歌曲「記念樹」に係る楽曲(「乙曲」)を創作した。乙曲は、同年122日、Dを作詞者、Eを編曲者、ポニーキャニオンをレコード製作者(原盤制作者)、「あっぱれ学園生徒一同」を歌手とする曲として公表された。 


 編曲権を侵害する曲といえるかについて
 
27条にいう編曲とは,既存の著作物である楽曲に依拠し,かつ,その表現上の本質的な特徴の同一性を維持しつつ,具体的表現に修正,増減,変更等を加えて,新たに思想又は感情を創作的に表現することにより,これに接する者が既存の著作物の表現上の本質的な特徴を直接感得することのできる別の著作物である楽曲を創作する行為をいう(最高裁平成13628日第一小法廷判決参照)。
 
[依拠性]
 
(略)
 
したがって,甲曲は,昭和41年に公表されたコマーシャルソングとしてばかりではなく,その後も,乙曲が創作される平成4年ころまで,長く歌い継がれる大衆歌謡ないし唱歌として著名な楽曲であることが認められる。
 
(略)
 このように,Cは,甲曲を歌唱した歌手やコマーシャルソングとした会社と関係が深かったのであるから,甲曲に接触する機会があったということができる。また,Cが記者会見やインタビューの際に甲曲を聴いたことがあることを認めていたことや,甲曲の著名性及びC自身が音楽家であることに照らせば,Cが乙曲の創作以前に甲曲を知っていたものということができる。
 
これらの事情に加えて,後記に認定するとおり,甲曲と乙曲の旋律が類似していることに鑑みれば,乙曲は,甲曲に依拠して創作されたものということができる。
 
[表現上の本質的特徴の同一性]
 一般に,楽曲に欠くことのできない要素は,旋律(メロディー),和声(ハーモニー)及びリズムの3要素であり,これら3要素の外にテンポや形式等により一体として楽曲が表現されるものであるから,それら楽曲の諸要素を総合して表現上の本質的特徴の同一性を判断すべきである。
 
もっとも,これらの諸要素のうち,旋律は,単独でも楽曲とすることができるのに対し,これと比較して,和声,リズム,テンポ及び形式等が,一般には,それ単独で楽曲として認識され難く,著作物性を基礎づける要素としての創作性が乏しく,旋律が同一であるのに和声を付したり,リズム,テンポや形式等を変えたりしただけで,原著作物の表現上の本質的な特徴の同一性が失われるとは通常考え難いこととされている。
 
そして,甲曲は,歌詞を付され,旋律に沿って歌唱されることを想定した歌曲を構成する楽曲である。甲曲の構成は,全16小節を1コーラスとする,比較的短い楽曲であり,後記のとおり,4小節を1フレーズとすると,4フレーズをA−B−C−Aと定式化することができる簡素な形式が採用されている。また,和声も基本3和音による3コードで進行する常とう的な和声が付けられているにとどまる。さらに,甲曲の旋律と類似する楽曲としても,せいぜい1フレーズ程度の旋律しか発見されず,4フレーズの旋律全体の構成が類似する楽曲が発見されていないことからすれば,甲曲の楽曲としての表現上の本質的な特徴は,和声や形式といった要素よりは,主としてその簡素で親しみやすい旋律にあり,特に4フレーズからなる起承転結の組立てという全体的な構成が重要視されるべきである。
 
よって,甲曲のように,旋律を有する楽曲に関する編曲権侵害の成否の判断において最も重視されるべき要素は,旋律であると解するのが相当であるから,まず,旋律について検討し,その後に楽曲を構成するその余の諸要素について総合的に判断することとする。
 
そこで,甲曲と乙曲の旋律を対比する。
 
(略)
 
したがって,両曲の旋律は,起承転結の構成においてほぼ同一であり,そのことが各フレーズの連結の仕方に顕著に現れているということができる。唯一相違する乙曲における第4フレーズa’は,二部形式の前半部分を後半部分へとつなぐ役割を果たしている部分であり,一部形式の原曲を2回繰り返したものを1コーラスの反復二部形式としてその限度で必要な改変を加えること自体は,編曲の範囲内にとどまる常とう的な改変にすぎないことを考慮すると,このフレーズにおける相違点をもって,両曲の表現上の同一性を否定することはできない。
 
(略)
 したがって,両曲の旋律は,表現上の本質的な特徴の同一性を有するものと認められる。
 
(略)
 被告は,編曲の成否は,一般人が乙曲に接したとき,甲曲の存在を想起し,その表現形式上の本質的特徴を直感的に想起するか否かによって判断されるべきであるとし,乙曲の放送開始から原告らのCに対する別件訴訟提起までの5年以上の間,乙曲が甲曲に類似しているなどという指摘が一切なかったことは,一般人が乙曲に接しても甲曲の存在を想起しないことを示している旨主張する。
 
しかしながら,甲曲が最初に公表されたのは,テレビコマーシャルソングとしてIが歌唱したものであるが,これは実演家としてのIの個性が強く表現されている。また乙曲が最初に公表されたのは,本件番組のエンディング・テーマに用いるために生徒一同が斉唱したものであって,子供達による斉唱という特定の歌唱による印象づけが行われている上,Eによる編曲とJによるストリングス編曲が施されており,歌詞の付された歌曲として,歌詞自体が持つ印象の相違が及ぼす影響も無視することはできない。したがって,前記の両曲の類似性にもかかわらず,一般視聴者から指摘がなかったからといって,一般人が乙曲に接しても甲曲の存在を想起しないというのは相当ではなく,被告の上記主張は,採用することができない。
 
したがって,乙曲は,甲曲に依拠し,かつ,その表現上の本質的な特徴の同一性を維持しつつ,具体的表現に修正,増減,変更等を加えて,新たに思想又は感情を創作的に表現することにより,これに接する者が甲曲の表現上の本質的な特徴を直接感得することができるものということができる。よって,乙曲は,原告会社の甲曲に係る法27条の権利(編曲権)及び原告Aの甲曲に係る同一性保持権を侵害して創作されたものである。











相談してみる

ホームに戻る