著作権重要判例要旨[トップに戻る]







レコード製作者、音楽出版社の注意義務
「『どこまでも行こう』・『記念樹』/ポニーキャニオン事件」平成151219日東京地方裁判所(平成13()3851 

【コメント】本件は、原告が、被告らに対し、「乙曲」は「甲曲」に係る編曲権を侵害する曲であるところ、被告らが「乙曲」の創作を依頼し、「乙曲」を収録した本件アルバムの原盤を制作し、被告ポニーキャニオンが本件アルバムを製作・販売し、被告フジパシフィックが「乙曲」をJASRACに管理委託して利用者に対し利用許諾させた行為が「甲曲」の著作権(27条の権利又は28条の権利)を侵害すると主張して、不法行為に基づく損害賠償を請求した事案です。

 
本件における主要な事実関係は、概ね次のとおりです

原告補助参加人は、昭和41年、歌曲「どこまでも行こう」を作詞作曲して、その歌詞及び楽曲(その楽曲を「甲曲」という。)の各著作物について著作権及び著作者人格権を取得し、その後、昭和42年に、原告に対し、甲曲について著作権法27条及び28条の権利を含む著作権を、その歌詞に係る著作権とともに信託譲渡した。

被告らは、共同でフジテレビ及びその系列下の地方テレビ放送局(以下「系列局」という。)で放送するテレビ番組「あっぱれさんま大先生」(「本件番組」)のCDアルバム「キャンパスソング集」を制作することを企画した。実際の制作作業は、被告ポニーキャニオン担当者Aの指揮の下に行われ、Aは、アルバム中の「記念樹」につきその作曲を作曲家であるCに依頼した。Cは、平成4年、歌曲「記念樹」に係る楽曲(「乙曲」)を創作した。

被告らは、平成49月半ば過ぎに、原盤を完成し、被告ポニーキャニオンは、同年122日、Bを作詞者、Eを編曲者、被告ポニーキャニオンをレコード製作者(原盤制作者)、「あっぱれ学園生徒一同」を歌手とする曲として、乙曲を収録した「『あっぱれさんま大先生』キャンパスソング集」との題号のCDアルバム(「本件アルバム」)を製作・販売した。

Cは乙曲についての著作権を、Bはその歌詞についての著作権を、それぞれ被告フジパシフィックに対して譲渡した。同被告は、平成41221日、JASRACに乙曲の作品届を提出し,同月1日付けでJASRACに乙曲及びその歌詞についての著作権を信託譲渡して管理を委託した。JASRACは、利用者に対し、乙曲を利用許諾して、これを利用させた。

フジテレビは、平成412月の本件番組の年末スペシャルにおいて、また、平成53月以降平成149月まで毎週1回、本件番組のエンディング・テーマ曲等として乙曲を放送した。また、フジテレビは、乙曲を放送用に録音し、系列局に乙曲の録音物を販売し、同系列局をして乙曲を放送させた。

原告及び補助参加人は、平成107月、乙曲を創作したCに対し、乙曲が甲曲を複製したものであり、原告の著作権(複製権)及び補助参加人の著作者人格権(同一性保持権及び氏名表示権)を侵害するなどと主張して、損害賠償請求訴訟を提起した(「別件訴訟」)。東京地方裁判所は,平成122、乙曲は甲曲を複製したものではないとして、原告及び補助参加人の請求を棄却する旨の第1審判決を言い渡した。そこで、原告及び補助参加人は、控訴し、控訴審において、乙曲が甲曲の二次的著作物であるとして、法27条の権利(編曲権)侵害の主張を追加した。東京高等裁判所は、平成149月、Cによる乙曲の創作が甲曲に係る編曲権を侵害するとして、第1審判決を取り消し、原告及び補助参加人の請求を一部認容する旨の控訴審判決を言い渡した。Cは、上告及び上告受理の申立てをしたが、最高裁判所第三小法廷は、平成153Cの上告を棄却し、かつ上告審として受理しない旨の決定をした。 


 前記認定のとおり,被告ポニーキャニオンは,年間約4000曲以上の曲を制作し,400タイトル以上のアルバムを発売している大手レコード会社であり,また,被告フジパシフィックは,大手音楽出版社の中でもトップクラスの会社であって,いずれもその社員に著作権に関する研修等を多く行っている。このように,被告らは,音楽を市場に供給することを業とする会社であり,その社員も含め音楽業界の専門の団体であるということができ,音楽の著作物について,著作権侵害か否かを調査する能力も経済力も有しているというべきである。したがって,被告らは,本件アルバムないしその原盤の制作にあたり,アルバム内の楽曲が他人の楽曲の著作権を侵害するものでないことを調査し,確認すべき注意義務がある
 
前記認定のとおり,甲曲は,昭和41年から,コマーシャルソングとしてばかりではなく,長く歌い継がれてきた大衆歌謡ないし唱歌として著名な楽曲であり,被告らの担当者らも,甲曲のことはよく認識していた。しかし,被告らの担当者は,制作過程において,誰も乙曲と甲曲の類似性に思い至らず,その結果,乙曲と甲曲の比較検討はされず,被告ポニーキャニオンの編成会議や法務部,被告フジパシフィックの制作会議で問題にされることもなく,乙曲の著作権侵害については,何の検討もされず,何ら事前の対策もとることなく,本件アルバムの原盤の制作に至ったものである。すなわち,被告らは,本件アルバムの原盤の制作にあたり,乙曲の著作権侵害の有無について,調査確認の義務があったにもかかわらず,具体的な調査も確認も行っておらず,これを尽くせば侵害行為を回避することが可能であったのであるから,前記注意義務を怠ったものというべきである。
 
また,被告フジパシフィックは,JASRACに乙曲の著作権を信託譲渡して管理を委託すれば,第三者に広く乙曲を利用されるようになるのであるから,他人の楽曲の著作権を侵害する曲を管理委託することのないようにすべき注意義務があるにもかかわらず,同被告は,これを怠り,漫然とJASRACに管理を委託した
 
さらに,別件訴訟が提起された後は,これが大きく報道され,また被告らは原告及び補助参加人から訴訟告知を受けていたのであるから,乙曲が甲曲の編曲権を侵害するか否かについて更に慎重に検討し,被告ポニーキャニオンは,本件アルバムの販売を停止し,被告フジパシフィックは,JASRACに対する乙曲の管理委託を取り下げ,第三者による利用がされないようにする措置を執るなど,損害が拡大しないような対策をとることが可能であったのにもかかわらず,これを怠った。
 
以上のとおり,被告らには過失がある。
 
被告らは,多数の音楽業界の関係者も一般視聴者も誰一人として乙曲と他の楽曲の類似性に疑問を呈した者はいなかったこと,乙曲が原告の権利を侵害していることが一見して明らかとはいえないこと,Cが甲曲と乙曲との同一性を否定していたこと,高名な音楽家であるCが著作権を侵害して作曲するとは通常では考えられないこと,別件訴訟第1審では乙曲による甲曲の著作権侵害を否定する判決が言い渡されたこと等の事実をもって,被告らには原盤制作等につき過失がない旨主張する。
 
しかしながら,上記事実は,いずれも,被告らにおいて乙曲が甲曲に係る編曲権を侵害するものであることについての判断が充分でなかったことを示すものにすぎず,法28条の権利を有する原告との関係で,音楽を市場に供給することを業とする被告らに過失があるとした前記の判断を覆すに足りない。したがって,被告らの上記主張は,採用することができない。
 
被告フジパシフィックは,別件訴訟提起後も,日本における音楽著作権管理の専門団体であるJASRACにおいて,乙曲が甲曲の編曲権を侵害するものではないと積極的に判断した上で乙曲の管理を継続していたことをもって,同被告には管理委託をし続けたことにつき過失がない旨主張する。
 
JASRACは,現行の著作権信託契約約款7条において,委託者に管理を委託する著作物について自らが著作権を有していること,かつ,それが他人の著作権を侵害していないことを保証させ,29条では,著作権の侵害又は著作権の帰属等について,告訴,訴訟の提起又は異議の申立てがあったときは,著作物の利用許諾,著作物使用料等の徴収を必要な期間行わないことができる旨定めている。したがって,JASRACは,楽曲の管理の委託を受けるに際して,他人の著作権を侵害する楽曲の委託を受けないようにしているものということができる。しかるに,本件において,JASRACは,別件訴訟提起後も,なお乙曲を管理除外とすることなく,何の制限も付することなく第三者に乙曲の利用を許諾していたのである。
 
しかしながら,このようにJASRACとの関係では,むしろ管理を委託する被告フジパシフィックにおいて乙曲が他人の著作権を侵害していないことを保証する立場にあり,JASRACが乙曲を管理除外とすることなく第三者に乙曲の利用を許諾し続けていたからといって,JASRACに管理を委託した被告フジパシフィックに,法28条の権利を有する原告との関係で過失がないということはできない。したがって,同被告の上記主張は,採用することができない。
 
[責任論のまとめ]
 
被告ポニーキャニオンは,甲曲に係る編曲権を侵害する乙曲を収録した本件アルバムの原盤を制作し,自ら本件アルバムを製作・販売することによって,法28条の権利を有する原告の複製権(法21条)及び譲渡権(法26条の2)を侵害した。また,同被告は,フジテレビ及びその系列局が本件番組において本件アルバムに収録された乙曲を放送したことにより,法28条の権利を有する原告の複製権(法21条)及び放送権(法23条)の侵害を惹起したものである。
 
そして,被告ポニーキャニオンは,本件アルバム及びその原盤の制作にあたり,乙曲が他人の楽曲の著作権を侵害するものでないことを調査し,確認すべき注意義務に違反した過失がある。
 
被告フジパシフィックは,甲曲に係る編曲権を侵害する乙曲を収録した本件アルバムの原盤を制作することによって,法28条の権利を有する原告の複製権(法21条)を侵害した。
 
また,被告フジパシフィックは,Cから乙曲の著作権の譲渡を受けてJASRACに対しこれを信託譲渡した上管理委託したものであり,JASRACの利用許諾を受けた利用者(被告ポニーキャニオン,フジテレビ及びその系列局を含む。)が乙曲を複製し,複製物を頒布し,演奏ないし公衆送信等利用したことにより,法28条の権利を有する原告の複製権(法21条),演奏権(法22条),公衆送信権(法23条)及び譲渡権(法26条の2)等の侵害を惹起したものである。
 
被告フジパシフィックは,本件アルバムの原盤の制作にあたり,乙曲が他人の楽曲の著作権を侵害するものでないことを調査し,確認すべき注意義務に違反した過失があり,また,JASRACに乙曲の管理を委託するにあたり,他人の楽曲の著作権を侵害する曲を管理委託することのないようにすべき注意義務に違反した過失がある。
 
(略)
 
被告ポニーキャニオンは,甲曲に係る編曲権を侵害する乙曲を収録した本件アルバム及びその原盤を制作した上本件アルバムを販売したこと並びにフジテレビ及びその系列局をして本件番組において本件アルバムに収録された乙曲を放送させたことにより原告に生じた損害を賠償すべきである。
 
原告は,被告ポニーキャニオンが「記念樹」の作曲をCに依頼するなど創作段階から密接に関わっており,乙曲の利用者と客観的関連性があるなどとして,同被告に対し,第三者の利用行為による損害をも請求する。しかしながら,同被告が「記念樹」の作曲を依頼したこと自体に過失があるとはいえず,また,同被告の行為と,本件アルバムに収録された乙曲を放送したフジテレビ及びその系列局以外の利用者の行為により生じた損害との相当因果関係を認めることはできない。
 
よって,被告ポニーキャニオンは,本件アルバム及びその原盤の制作行為と相当因果関係のない損害について,これを賠償すべき責任はない。
 
被告フジパシフィックは,甲曲に係る編曲権を侵害する乙曲を収録した本件アルバムの原盤を制作したこと,被告ポニーキャニオンが本件アルバムを製作・販売し,フジテレビ及びその系列局が乙曲を放送したことにより原告に生じた損害を,被告ポニーキャニオンとともに(不真正連帯債務),賠償すべきである。
 
また,被告フジパシフィックは,前記のとおり,過失によりJASRACに対し編曲権を侵害する乙曲を管理委託したものであり,JASRACの利用許諾を受けた利用者が乙曲を利用したことにより,原告の有する複製権(法21条),演奏権(法22条),公衆送信権(法23条)及び譲渡権(法26条の2)等の侵害を惹起したものであるから,これにより原告に生じた損害を賠償すべきである。すなわち,同被告は,JASRACの利用許諾を受けた第三者が乙曲を利用したことにより生じた全損害を賠償すべきである。なお,原告は,同被告が「記念樹」の作曲をCに依頼するなど創作段階から密接に関わっており,乙曲の利用者と客観的関連性があるなどとして,同被告に対し,第三者の利用行為による損害をも請求するが,第三者の利用による損害は,創作段階から密接に関わったことを理由とするのではなく,甲曲の編曲権を侵害する乙曲を第三者に利用させることを目的としてJASRACに管理を委託した過失と相当因果関係があることを理由とするものである。











相談してみる

ホームに戻る