著作権重要判例要旨[トップに戻る]







出版権侵害の成否(2)
「天台宗法則文事件」
平成171226日東京地方裁判所(平成17()10125 

【コメント】本件は、原告が、被告に対し、Bらを著者とし、原告を発行所とする「天台宗開眼法要集」と題する書籍(「原告書籍」)についての出版権を原告が有するものであるところ、被告及びCが監修し、株式会社四季社が発行する「天台宗祈願作法手文」と題する書籍(「被告書籍」)の発行が、原告書籍についての原告の出版権を侵害するものであると主張して、出版権侵害による損害賠償を求めた事案です。 

 出版権者は,設定行為で定めるところにより,頒布の目的をもって,その出版権の目的である著作物を,原作のまま印刷その他の機械的又は化学的方法により文書又は図画として複製する権利を専有する(著作権法801項)。
 
したがって,被告が,原告の有する出版権を侵害したというためには,被告が,頒布の目的をもって,その出版権の目的である著作物を,原作のまま印刷その他の機械的又は化学的方法により文書又は図画として複製したことが必要である
 
また,著作物の複製(著作権法21条,2115号)とは,既存の著作物に依拠し,その内容及び形式を覚知させるに足りるものを再製することをいう(最高裁昭和5397日第一小法廷判決参照)。
 
そして,著作権法は,思想又は感情の創作的な表現を保護するものであるから(著作権法211号),既存の著作物に依拠して創作された著作物が,思想,感情若しくはアイディア,事実若しくは事件など表現それ自体でない部分又は表現上の創作性がない部分において,既存の著作物と同一性を有するにすぎない場合には,複製に当たらないと解するのが相当である(最高裁平成13628日第一小法廷判決参照)。ここで,表現上の創作性とは,独創性を有することまでは要せず,筆者の何らかの個性が発揮されていることで足りると解すべきであるが,創作物が言語によるものである場合,ごく短い表現や,平凡かつありふれた表現などにおいては,筆者の個性が発揮されているということは困難であり,創作的な表現であるとはいえないと解すべきである。
 そこで,以下,原告が本件法則文と被告法則文との同一性を主張する箇所ごとに検討する。
 
(略)
 
上記認定の事実によれば,原告表現2は,ごく短いものであり,また,原告書籍発行以前に発行されていた書籍に類似した,あるいは,これらの書籍において同一の表現が用いられているなど,平凡でありふれた表現であるということができるから,筆者の個性が表現されたものとはいえない。
 
したがって,原告表現2は,創作的な表現であるということはできない。
 (略)
 
上記のとおり,原告が本件法則文と被告法則文との同一性を主張する箇所は,いずれも,創作的な表現であるとは認められないので,本件法則文と被告法則文とは,仮に,同一性を有するとしても,表現上の創作性のない部分において同一性を有するにすぎないから,被告法則文が本件法則文を複製したものであるということはできない。
 
したがって,原告による出版権侵害の主張は,理由がなく,本件法則文について原告が有する出版権の侵害を理由とする損害賠償請求も,理由がない。











相談してみる

ホームに戻る