著作権重要判例要旨[トップに戻る]







「博士」をイメージさせる絵柄の侵害性が問題となった事例
「‘博士’の絵柄事件」
平成200704日東京地方裁判所(平成18()16899 

【コメント】本件は、幼児向けの教育用VHSビデオ・DVD商品を製造・販売する原告が同様のDVD商品を販売する被告に対し、被告の商品で使用する博士をイメージした人物の絵柄が原告の商品で使用する博士をイメージした人物の絵柄と類似し、その登場する著作物の著作権(複製権及び翻案権)を侵害しているなどと主張して、損害賠償金等の支払を求めた事案です。 

 原告博士絵柄と被告博士絵柄とは,@角帽を被ってガウンをまとい,髭を生やしたほぼ2頭身の年配の男性の博士であり,頭部を含む上半身が強調されて,下半身がガウンの裾から見える大きな靴で描かれていること,A顔のつくりが下ぶくれの台形状であって,両頬が丸く,中央部に鼻が位置し,そこから髭が左右に「八」の字に伸びて先端が跳ね上がり(カイゼル髭),目が鼻と横幅がほぼ同じで縦方向に長い楕円であって,その両目の真上に眉があり,首と耳は描かれず,左右の側頭部に3つの山型にふくらんだ髪が生えていることが共通している。
 
原告博士絵柄と被告博士絵柄とは,@全体の質感と輝き,顔や全身の縦横の比率,A耳の有無,鼻の形,瞳の色,眉の形と色,髭の色,B角帽の被り方,蝶ネクタイの有無,ガウンのデザインなどにおいて相違している。
 
すなわち,@被告博士絵柄は,原告博士絵柄と対比して,より立体的な質感があって,瞳などに光の輝きがあり,顔や全身がより細身に描かれているのに対し,原告博士絵柄は,被告博士絵柄と対比して,平板な感じで全体的にのっぺりとして,顔や全身が横太に描かれており,A被告博士絵柄は,耳が描かれ,鼻が縦方向の楕円で,瞳が黒く,眉は灰色で両端が下方に湾曲し,髭が白色であるのに対し,原告博士絵柄は,耳がなく,鼻がほぼまん丸で,瞳がグレー,眉は黒色で横長の楕円で,髭が黒色であり,B被告博士絵柄は,角帽の角が顔の中心線上で,つばに角度があり,赤い蝶ネクタイを付けて,金ボタンの付いた紺色のガウンをまとっているのに対し,原告博士絵柄は,角帽の角が顔の端に寄って,つばに角度がなく,蝶ネクタイはなく,黒色のガウンに装飾がない。
 
(略)
 
原告博士絵柄と被告博士絵柄とを対比すると,原告博士絵柄と被告博士絵柄とは,前記のとおりの共通点があり,また,…を考慮すれば,元来,被告博士絵柄は,原告博士絵柄に似せて製作されたものということができるものの,前記の相違点に照らすと,絵柄として酷似しているとは,言い難いものと認められる。
 
そして,原告博士絵柄のような博士の絵柄については,前記でみた博士の絵柄のように,角帽やガウンをまとい髭などを生やしたふっくらとした年配の男性とするという点はアイデアにすぎず,前記の原告博士絵柄と被告博士絵柄との共通点として挙げられているその余の具体的表現(ほぼ2頭身で,頭部を含む上半身が強調されて,下半身がガウンの裾から見える大きな靴で描かれていること,顔のつくりが下ぶくれの台形状であって,両頬が丸く,中央部に鼻が位置し,そこからカイゼル髭が伸びていること,目が鼻と横幅がほぼ同じで縦方向に長い楕円であって,その両目の真上に眉があり,首と耳は描かれず,左右の側頭部にふくらんだ髪が生えていること)は,きわめてありふれたもので表現上の創作性があるということはできず,両者は表現でないアイデアあるいは表現上の創作性が認められない部分において同一性を有するにすぎない。また,被告博士絵柄全体をみても,前記の相違点に照らすと,これに接する者が原告博士絵柄を表現する固有の本質的特徴を看取することはできないものというべきである(なお,原告商品に登場する原告博士絵柄と被告各商品に登場する被告博士絵柄は,ともにそれぞれの商品の一部を構成する画像として存在するところ,動きのある映像として見たとき,原告博士絵柄と被告博士絵柄との違いは明白である。)。
 したがって,被告各商品の一部を構成する被告博士絵柄の登場する画像が原告商品の一部を構成する原告博士絵柄の登場する画像の複製権や翻案権を侵害していると認めることはできない。











相談してみる

ホームに戻る