著作権重要判例要旨[トップに戻る]







姓名判断法の文章の翻案性が問題となった事例
「姓名判断法(東京)事件」
平成141126日東京地方裁判所(平成14()5467 

【コメント】本件は、原告(「神秘姓名學決定編」(「原告書籍」)を著作した故Cの子であり、原告書籍に係る著作権を相続した。)が、被告に対し、被告書籍(タイトル:「運勢を開く 姓名判断」)は、原告書籍に依拠して、原告書籍を翻案したものであるから、被告書籍の発行販売は、原告が有する原告書籍の著作権を侵害するものであると主張して、損害賠償を請求した事案です。 

 原告は,被告書籍の本件対比表の部分につき,被告書籍は原告書籍を翻案したもので,原告書籍を掲載した被告書籍の発行販売は,原告書籍の著作権を侵害するものであると主張しているところ,翻案が認められるためには,被告書籍が原告書籍の表現上の本質的な特徴を直接感得することができなければならず,表現上の創作性がない部分において同一性を有するに過ぎない場合は,翻案には当たらないと解される。
 
そこで,以下,対比表に従って,原告書籍及び被告書籍について上記の点を判断する。
 
[対比表1について]
 
原告書籍では「一という數は天地の始め萬有の基であつて」と記載されているのに対し,被告書籍では「●単数1はすべての始まり」,「1は万物の始まりです。宇宙に存在するすべてのものの根源です。」と記載されているところ,両者はいずれも1という数字に関して,始まりを意味するものであるという点で共通しているが,原告書籍では,始まりの対象は「天地」であるのに対して,被告書籍では「すべて」,「万物」と異なっており,また,原告書籍の「萬有の基」と被告書籍の「宇宙に存在するすべてのものの根源」は,似た意味を有するものの,具体的な表現は異なっており,必ずしも同じではない。そして,これらを姓名判断に用いることは,アイデアである(以下,(3)ないし(11)につき,個々の数に関する説明を姓名判断に用いることは,同様にアイデアである。)。
 
(略)
 
したがって,対比表1の部分について,被告書籍が原告書籍を翻案したということはできない。
 
[対比表2について]
 
原告書籍では「二は一を二つ合せたもので,合せものは離れるというように」と記載されているのに対し,被告書籍では「2は1を二つ合わせたものです。合わせたものは,いずれまた離れます。」と記載されているが,「2は1を二つ合わせたもので,合わせたものは離れる」ということは,当然の事理を普通に表現したものに過ぎない。
 
また,原告書籍では「分離の兆,不具不完,不徹底等の誘導力が生じ」と記載されているのに対し,被告書籍では「分離・分裂の意味を表し,不安定,挫折といった運の浮き沈みを表す凶数となります。」と記載されているところ,両者に共通する点は「分離」というところのみであって,その他の表現は異なる。
 
したがって,対比表2の部分について,被告書籍が原告書籍を翻案したということはできない。
 
(略)
 
[対比表7について]
 
当該部分は,原告書籍及び被告書籍いずれも「7」という数字が「5」と「2」又は「3」と「4」からなっていること,このような組合せから,「7」は,吉凶両極端のものであることが記載されているが,「7」という数字が「5」と「2」又は「3」と「4」からなっていること自体は,当然の事理であり,そのことから,「7」に吉凶両極端という意味づけを与えること自体は,アイデアである。そして,両者の表現を見ると,…というように,いずれもその表現は異なっていると認められるのであり,他の部分の表現も異なっているから,対比表7の部分について,被告書籍が原告書籍を翻案したということはできない。
 
(略)
 
以上検討したように,対比表の部分すべてにつき,被告書籍は原告書籍を翻案したものであると認めることはできない。











相談してみる

ホームに戻る