著作権重要判例要旨[トップに戻る]







著作権譲渡の黙示の合意の成立を肯定した事例(2)
「生協情報チラシ事件」平成140301日京都地方裁判所(平成12()2116 

 本件イラストの著作権の帰属について
 
…によれば,原告は,被告コープないしその下請業者から「びすけっと」(管理人注:被告コープが発行する情報チラシ・週刊情報誌のこと)や広告チラシ等の受注を受けた際,その制作のために,被告コープ用の人物画のイラストの制作をAに依頼し,Aはこれに応じて…記載の本件イラストを制作したが,用途によって人物の姿態等に若干の違いがあり,例えば,ふとんの丸洗いに関しては,…のイラストが制作されたこと,そして,原告からAに,平成9321日,「パルコープ・ふとんの丸洗いチラシ」B42枚分名目で10万円,イラスト代名目で5万円が支払われ,平成10511日,「生協ふとんうちなおし」のラフ・B32枚分名目で15万円が,イラスト代名目で5万円が支払われ,これらの支払と引換に本件イラストの原画そのものが原告に引き渡されていること,原告とA間に,本件イラストの原画の所有権及び著作権の処理についての明示的な合意はなく,原告は,業界慣行に照らし,本件イラストを被告コープのふとんのチラシ以外の全く異なる用途に使用する場合は,Aの了解を得る必要があるとの認識であったが,実際にはそのような事態はこれまでなかったことが認められる。
 
上記事実関係によれば,本件イラストについて具体的表現行為をしたのはAであるから,本件イラストについては原始的にはAが著作権を有していたものと認められるが(なお,本件イラストが創作性を有することについては,その創作性の程度についてはともかく,当事者間に実質的に争いはない。),イラスト代名目を含んで一括して金員が支払われていること,返還時期についての定めがあるとうかがわれないことからすれば,本件イラストの原画の所有権は原告に譲渡されたものと認めるのが相当である。
 
これに加え,本件イラストは,もっぱら,原告が被告コープの「びすけっと」や他の広告チラシの印刷に用いるために制作され,それ以外の用途は実際上想定されていなかったものと推測されること,実際上も,本件イラストの複製は排他的に原告においてされていることからすれば,本件イラストの著作権そのものも原告に譲渡されたと認めるのが相当といえる。原告は,本件イラストを被告コープのふとんのチラシ以外の全く異なる用途に使用する場合は,Aの了解を得る必要があるとの認識であったことは上記のとおりであるが,これは,本件イラストがもっぱら被告コープのふとんのチラシにその用途に合わせて使用することを前提に製作されたものであるため,他の用途に用いる場合は,対価の点を含め再協議の必要があるというものにすぎないと考えられるから,本件イラストの著作権が譲渡されたとの上記認定と矛盾しないというべきである。











相談してみる

ホームに戻る