著作権重要判例要旨[トップに戻る]







著作者人格権侵害と著作権侵害との関係(9)
「‘独り暮らしをする若い女性’のイラスト複製翻案事件」平成210326日大阪地方裁判所(平成19()7877 

 著作者人格権侵害の有無について
 
争点(1)における判断のとおり,被告各イラストの個々のイラストは,これが依拠したと原告が主張する個々の原告各イラストを複製又は翻案したものとは認められない。したがって,被告各イラストは,原告各イラストとは別の著作物であり,原告各イラストを変更,切除その他の改変をしたものではない
 
また,同様の理由により,原告が被告各イラストに対して原著作者として氏名表示権を有するものでもない
 よって,マンション読本の作成,発行,配布するなどの被告の行為が原告の著作者人格権を侵害するということもない。











相談してみる

ホームに戻る