著作権重要判例要旨[トップに戻る]







著作権の原始取得と登録
「流行歌『阿蘇の恋唄』無断複製事件」
昭和450303日大分地方裁判所(昭和41()507 

 そうすると、原告は流行歌「阿蘇の恋唄」を録音物に適法に写調したものであるから右曲の録音物著作権を原始的に取得したことになる。右著作権は著作財産権のみならず著作人格権をも包含するものであることは権利の性質上明らかであり又原告が右権利を原始的に取得したものなる以上、登録をもつて第三者対抗要件とする承継取得の場合と異り登録なくして第三者に対抗しうるものと解すべきである。











相談してみる

ホームに戻る