著作権重要判例要旨[トップに戻る]







商品カタログの編集著作物性
カーテン用副資材商品カタログ事件平成70328日大阪地方裁判所(平成4()1958 

【コメント】本件における事実関係は、概ね、次のとおりです。

原告代表者【A】は、広告媒体の企画デザイン業を営んでいたが、カーテン用副資材等を製造販売する株式会社パロマインテックス(以下「パロマ」という。)の依頼で、パロマの顧客にその商品を紹介するため商品の写真等を掲載した総合商品カタログを企画制作していた。そして、【A】又は原告は、平成3年、「本件カタログ」を発行した。

被告は、パロマ同様、カーテン用副資材等の製造販売を業とするものであるが、平成3年ころから、自社の商品を紹介するため、商品の写真等を掲載した「被告カタログ」をデザイン事務所に依頼して制作し、頒布している。

原告は、本件カタログに掲載されたパロマの商品の写真、説明文、図表等のうち「本件写真」等についての著作権及び本件カタログ全体についての著作権(編集著作権及び本件カタログ自体を一個の著作物とみた著作権)を主張し、被告カタログはこれら著作物の複製(又は翻案)に当たるとして、被告に対し、被告カタログの複製の停止等を求めた。 


 [本件カタログは全体として編集著作物に該当するか]
 
…によれば、本件カタログは、カーテン用副資材の製造販売を業とするパロマの商品を紹介するものであって、掲載するパロマの商品の全体的な配列について、@パロマがカーテンフックの製造メーカーから出発したものであることから、他の副資材メーカーに比べてフックの商品のバリエーションが多いことを考慮して、カーテンフック類がカタログの冒頭にくるように配列され、Aトリミング材については、レーストリムを中心として白いレース系のトリミング材とその他の着色されたフレンジ(トリミング材)とを区別し、前者を「レース・トリム」として一章を設け、後者をタッセルと一体とし「フレンジ&タッセル」の一章にまとめる等の工夫がされていること、さらに、各章の冒頭部分には当該章において紹介する商品の機能、用途、特質、商品開発の基本思想をまとめた短文を配し、個々の商品の紹介部分にも商品を実際に使用する際の使用方法や留意点について説明文を付していること、また、ギャザーテープ及びバルーンテープの写真について、別々に撮影したギャザーテープ又はバルーンテープの写真とこれを使用したカーテンの写真とを上下二段にあるいは左右に並べて、ギャザーテープ又はバルーンテープの形状とその具体的使用方法が一目瞭然に理解できるように工夫していることが認められる。
 
以上の点から、本件カタログは、編集物でその素材の選択、配列によって創作性を有するから、編集著作物に該当するものというべきである。
 
[本件カタログは全体として一個の著作物に該当するか]
 
原告は、一面編集著作物としての性格を有しながら、他面一個の著作物とも評されるような著作物が存在するとし、@本件カタログは、多数の写真、図版及び説明文によって構成されているが、本来カタログとしての一貫した制作目的に従って構想されたものであり、個々の写真、図版及び説明文は、その目的に従って選択、配列されたものに過ぎないこと、A本件カタログは、単なる商品の紹介・説明を目的とするにとどまらず、全体として、本来地味な商品であるカーテン用副資材を楽しくかつ豪華に理解させようとする制作者の意図のもとに、例えば、各章冒頭の頁には、流れるような渋いカーテン布地の前面に美しい花の写真と当該章内で紹介されている代表的副資材商品をアレンジした写真を配するとともに、商品名をゴシック体の英語で表示して見る者に優雅さを感じさせるようにし、各商品(ないし商品群)を紹介する場合にも背景等のアレンジに工夫を凝らし、個々の商品を撮影する際にも様々な工夫を凝らしていること、Bさらに、各章の冒頭部分には、当該章において紹介する商品の機能、用途、特質、商品開発の基本思想を要領よくまとめた短文を配し、個々の商品の紹介部分にも、商品を実際に使用する際の使用方法や留意点について説明文を付していることを理由に、本件カタログは、単に個々の写真や図版を選択、配列した編集著作物であるだけではなく、全体として制作者である原告の思想、感情を創作的に表現した著作物であるといえると主張する。
 
しかし、原告主張のように一面編集著作物としての性格を有しながら他面一個の著作物とも評されるような著作物が存在するかどうかはともかく、原告の主張する本件カタログにおける右@ないしBの工夫は結局のところ素材の配列又は選択の創作性に過ぎないというべきであり、本件カタログはその性質上個々の写真に示された商品を印象づけることを意図して制作されたものであって、ストーリー性をもった読み物とまでいうことはできないから、本件カタログ全体が、編集著作物としての性格に加えて、全体として一個の創作性ある著作物としての性格を有するということはできない
 
したがって、本件カタログ全体を一個の著作物としてその著作権侵害を理由とする原告の請求は、その余の争点について判断するまでもなく理由がないことになる。











相談してみる

ホームに戻る