著作権重要判例要旨[トップに戻る]







編集著作権の侵害性判断(9)
カーテン用副資材商品カタログ事件平成70328日大阪地方裁判所(平成4()1958 

【コメント】本件における事実関係は、概ね、次のとおりです。

原告代表者【A】は、広告媒体の企画デザイン業を営んでいたが、カーテン用副資材等を製造販売する株式会社パロマインテックス(以下「パロマ」という。)の依頼で、パロマの顧客にその商品を紹介するため商品の写真等を掲載した総合商品カタログを企画制作していた。そして、【A】又は原告は、平成3年、「本件カタログ」を発行した。

被告は、パロマ同様、カーテン用副資材等の製造販売を業とするものであるが、平成3年ころから、自社の商品を紹介するため、商品の写真等を掲載した「被告カタログ」をデザイン事務所に依頼して制作し、頒布している。

原告は、本件カタログに掲載されたパロマの商品の写真、説明文、図表等のうち「本件写真」等についての著作権及び本件カタログ全体についての著作権を主張し、被告カタログはこれら著作物の複製(又は翻案)に当たるとして、被告に対し、被告カタログの複製の停止等を求めた。 


 被告カタログと編集著作物としての原告カタログの複製
 
本件カタログの章だては、以下のとおりであることが認められる。
 
(略)
 
被告カタログを本件カタログと対比すると、@第一章をカーテンフックに関する章として、カーテンフック類に関する商品情報を写真、図版の形式で掲載しており、また、その章の商品情報の配列の仕方において、銅線フックを最初に配列し、その後に樹脂製のフック、アジャスターフックを配列している点、A第二章をカーテンテープに関する章としている点、Bフレンジとしぼりタッセルという異なる商品群を一章にまとめて配列している点で共通する。
 
また、ギャザーテープ又はバルーンテープの写真とこれを使用したカーテンの写真とを上下二段に又は左右に並べて、ギャザーテープ又はバルーンテープの形状とその具体的使用方法が一目瞭然に理解できるように配列している点で共通する。
 
しかし、被告カタログは、第三章以降の順序及び表題において本件カタログと相違しているのみならず、そもそも、本件カタログにはパロマの商品の写真及び説明文が、被告カタログには被告商品の写真及び説明文が掲載されているところ、編集著作権においても、保護の対象とするのは素材の選択、配列方法という抽象的なアイデア自体ではなく、素材の選択、配列についての具体的な表現形式であるから、素材において本件カタログと全く異なる被告カタログが本件カタログの編集著作権を侵害するものであるということはできない











相談してみる

ホームに戻る