著作権重要判例要旨[トップに戻る]







著作権と所有権との関係(3)
短文情報配信サービス事件平成220311日大阪地方裁判所(平成19()15556

 前記のとおり,原告は,本件ソフトウェアの著作権侵害を理由として,本件ソフトウェアの使用の差止,削除を求めることはできず,損害賠償についても同様である。
 
なお,原告は,本件ソフトウェアの所有者であるから,所有権に基づいて,本件ソフトウェアの使用差止等を請求することができるとも主張するが,本件ソフトウェアは有体物ではなく,所有権の対象となるものではなく,主張自体失当である。











相談してみる

ホームに戻る