著作権重要判例要旨[トップに戻る]







著作権及び著作者人格権侵害に基づく損害賠償請求の関係
「『SMAP』インタビュー記事事件」平成101029日東京地方裁判所(平成7()19455 

 次に、著作者人格権侵害による損害につき検討すると、本件における著作者である原告出版社らはいずれも法人であり格別の精神的損害を被ったとは認められないこと、著作権侵害と著作者人格権侵害が同一の行為により生じたものであるところ、右侵害行為による著作権侵害の損害につき前記のとおりの賠償請求を認容していることに照らすと、原告出版社らの受けた損害の回復のためには著作権侵害による損害賠償を認めれば十分であり、これに加えて著作者人格権侵害による損害賠償を認めるまでもないと解するのが相当である。











相談してみる

ホームに戻る