著作権重要判例要旨[トップに戻る]







公演企画者の侵害主体性
「‘ビートルズ’公演差止仮処分事件」昭和540831日東京地方裁判所(昭和54()7991 

 債権者が本件楽曲の著作権者であること、債務者が、「ビートルズ」の4人のメンバーに扮して本件楽曲等を演奏することを目的として結成されたところの、BCほか2名からなるグループが本件楽曲を演奏することを主たる内容とする本件公演を日本で行うことを企画して、同グループを日本に招聘し、別紙記載の年月日に、同記載の場所における本件公演を主催及び実施したことは、当事者間に争いがない。
 
…を総合すれば、債務者は別紙記載の年月日に、同記載の場所における本件公演において本件楽曲を演奏するおそれがあると、一応認められる。
 
(略)
 
また債務者は、別紙記載の年月日における同記載の場所での本件公演は債務者がこれを主催せず、債務者との契約により本件公演の主催者となることを承諾した第三者が右公演を主催すること、債務者が本件公演において前記グループの演奏曲目の選定及び舞台の進行について関与することを許されていないことを理由に、債務者は本件楽曲の演奏を行うもの(主体)ではない旨主張するので検討するに、…債務者が別紙記載の年月日に、同記載の場所における本件公演を全て企画したこと、右各公演については、いずれも債務者との契約により第三者が主催者となること、債務者は本件公演により経済上の収益を得ることができることの各事実とを総合すれば、債務者は個々の公演の主催者を選定しうる立場にあり、しかも、債務者の主張する如く、債務者が本件公演において前記グループの演奏曲目の選定及び舞台の進行について関与することを許されていないとしても、右グループは本件楽曲の演奏を債務者から独立して行うのではなく、あくまでも債務者の企画に基づいて行うのであり、かつ、債務者は本件楽曲の演奏によつて経済的利益を収めうる地位にあるのであるから、このような場合には、本件楽曲の演奏は企画者としての債務者の行為と解するのが相当である。











相談してみる

ホームに戻る