著作権重要判例要旨[トップに戻る]







国語教科書準拠テストでの改変を同一性保持権侵害と認定した事例
小学校用国語教科書準拠国語テスト事件平成150328日東京地方裁判所(平成11()13691/平成160629日東京高等裁判所(平成15()2467等) 


【原審】

 
【一審被告らは,以下に記載するとおり,平成11年度の本件国語テストの印刷,出版,販売に当たり,本件各著作物中の文章を改変したことが認められる。】(管理人注:控訴審で追加)
 
(略)
 
…によると,上記著作物と別紙対比目録の本件国語テストとを対比すると,「少女は」を加筆したこと,「このあたりのたんぼにきなれている鳥なのか,人をおそれるようすもなく,しきりにどろのなかをつついている。」を削除したことが認められ,以上のとおり「改変」されているものと認められる。
 
(略)
 
…によると,上記著作物と別紙対比目録記載の本件国語テストとを対比すると,…のとおり「改変」されているものと認められる(なお,「キキはいばって言いました。」という部分は,「キキは,いいました。」,「ウーフが,子どものくまだからか,いばっていいました。」という二文を一文にしたものである。)。
 
(略)
 
被告らは試験問題としての複製という利用の目的及び態様に照らし,部分的な引用の場合において当然のこととして認められている「公正な慣行」に従い,教科書掲載作品の一部を省略したに過ぎないから,本件各著作物を改変するものではないと主張するが,上記認定のとおり本件国語テストに本件各著作物を掲載することは,著作権法361項所定の「試験又は検定の問題」としての複製に当たらないうえ,本件国語テストのような著作物に他の著作物を掲載する場合には,上記認定のような改変が許されるとの「公正な慣行」があるというべき事実も認められない。
 
著作権法2024号は,同一性保持権による著作者の人格的利益の保護を例外的に制限する規定であり,かつ,同じく改変が許される例外的場合として同項1号ないし3号の規定が存することからすると,同項4号にいう「やむを得ないと認められる改変」に該当するというためには,著作物の性質,利用の目的及び態様に照らし,当該著作物の改変につき,同項1号ないし3号に掲げられた例外的場合と同程度の必要性が存在することを要するものと解される。しかるところ,本件国語テストが同項1号で定める場合に当たらないことは明らかであり,本件国語テストについて同項1号で定める場合と同程度の必要性が存在すると認めることもできない。そして,その他の被告ら主張の事情をもってしても,本件国語テストの発行に当たり上記各著作物に改変を加えるにつき,上記のような必要性が存在すると認めることはできない。したがって,著作権法2024号が定める「やむを得ないと認められる改変」に該当するとは認められない
 
よって,上記認定の各改変がされたことによって,原告Bを除くその余の原告らが本件各著作物について有する同一性保持権が侵害されたものと認められる。

【控訴審】

 争点(1)ないし(3)(一審被告らが本件各著作物を本件国語テストに掲載することが,著作権法321項の規定により認められる「引用」に当たるかどうか,一審被告らが本件各著作物を本件国語テストに掲載することが,著作権法361項に規定する「試験問題」としての複製に当たるかどうか,著作者人格権侵害の有無)に関する当裁判所の判断は,…原判決…に記載のとおりであるから,これを引用する。











相談してみる

ホームに戻る