著作権重要判例要旨[トップに戻る]







著作権が移転する旨の応募要領の有効性(2)
「『チユーリツプ』・『コヒノボリ』作詞者認定事件」平成10816日東京地方裁判所(昭和58()12198/平成50316日東京高等裁判所(平成1()2844 

【原審】

 
…によれば、訴外協会は、昭和5111日発行の機関誌「教育音楽」誌上において、チユウリツプ、コヒノボリ、てふてふ、おうま、たんぽぽ、かみなりさま等の本件歌詞の題目を含む31の題目について、幼稚園唱歌の歌詞を募集し、その際、募集要項として、「歌詞はなるべく幼児の日常使用する言葉を用ひ其発音を美化し得べきものたること、歌詞の内容は教訓的に偏せざること、当選者には薄謝を呈す、当選歌の版権は本会の所有とす、応募歌詞の原稿は返戻せず、締切は1115日とす、」と明示したことが認められ、右認定の募集要項及び当時の用語法によれば、「当選歌の版権」、すなわち、当選歌の著作権は、訴外協会に帰属するものと定められたことが明らかである。そして、幼稚園唱歌の募集に対しては、30篇余りが公募によつて集まつたが、10篇位が足りなかつたため、これを専門家に依頼することとなり、訴外協会の【P5】が原告の父【P6】に対してこれを依頼し、【P6】は、娘である原告にその作詞を命じ、原告は、本件歌詞を含む10篇位の歌詞を作詞して、訴外協会にこれを託し、少なくとも本件歌詞6篇は、訴外協会において採用され、「エホンシヤウカ」ハルノマキ、ナツノマキにおいて、無名著作物として公表されたことは、前認定のとおりであり、また原告本人尋問の結果によれば、原告は、昭和612月末ころ、訴外協会から本件歌詞ほか数篇を作詞したことに対する謝礼として200円を受領したこと、更に、原告は、昭和6年に本件歌詞を作詞してから、昭和45年あるいは同58年ころに至るまで、本件歌詞について著作権を行使する旨の特段の主張をしたことはなかつたが、訴外協会又は【P14】らがこれまで無名とされてきたチユーリツプ及びコヒノボリの作詞者を【P14】等と主張し始めたため、本訴の提起に至つたこと、以上の事実が認められる。右認定の事実によれば、訴外協会は、「教育音楽」誌上において、不特定多数の者に対し、幼稚園唱歌の募集をし、募集要項として、当選歌を作詞したものに対しては報酬を与えること、当選歌の著作権は訴外協会に帰属することを期間を定めて広告して明示し、応募者は、これに応じて歌詞を提供しているのであるから、募集された幼稚園唱歌の著作権は、応募により訴外協会に譲渡されたものと解すべきであつて、原告によつて著作された本件歌詞の著作権についても、右認定の事実関係に照らし、右と同様に、訴外協会に譲渡されたものと解すべきである。この点に関し、原告は、作歌の専門家である原告の父【P6】が訴外協会の理事である【P5】から依頼されたために、父から命じられて本件歌詞を作歌したものであつて、訴外協会の一般公募のことは知らないで本件歌詞を作歌したものであるから、このような場合、原告については、右の一般公募の条件は適用されず、本件歌詞の著作権は、専門家として作歌した原告に帰属する旨主張するが、原告父【P6】及び原告の夫【P8】は、昭和67年ころ、それぞれ訴外協会において、「新高等小学唱歌の歌詞に就て」あるいは「新幼稚園唱歌の歌詞について」等と題して講演を行つていること、原告の父【P6】は、訴外協会から本件歌詞の作詞を依頼され、原告に対して本件歌詞の作詞を命じたことは、前認定のとおりであつて、右事実によれば、原告の父【P6】及び原告の夫【P8】は、当時訴外協会と密接な関係を有していたのであるから、訴外協会の右募集要項は当然に了解していたはずであり、しかも、原告は、前述のとおり、昭和612月末に、訴外協会から本件歌詞ほか数篇の作詞をしたことに対する報酬を受領しているのであつて、このような事実関係に照らせば、原告が訴外協会の前示募集要項を知らなかつたものと認めることはできず、したがつて、原告の右主張は、採用するに由ないものといわざるをえない。
 
以上によれば、原告が本件歌詞について著作権を有していたものと認めることはできないから、原告の本件歌詞についての著作権に基づく請求は、その余の点について判断するまでもなく、理由がない。

【控訴審】

 以上認定の事実に照らすと、「ヱホンシヤウカ」は、子供に対して、「児童の心情にピッタリ合った内面的価値の豊かな」唱歌を与えることにより、児童に音楽的素地を付与していくべく編纂された新尋常小学唱歌の導入的部分の役割を果たすことを期待して編纂されたものであり、かかる方針のもとに、応募された歌詞及び曲は、専門家や実際家の意見を徴した上、幼稚園唱歌研究部委員会において慎重に合議された結果、前記のような観点から必要な訂正、改変が加えられて採択されたものである。したがって、「ヱホンシヤウカ」のこのような編纂目的及び編纂の基本的方針に照らして、訴外協会の編纂として発刊されたものと解され、発表された唱歌の作詞者及び作曲者の氏名は一切公表されないことが当然のこととして予定されていたものということができ、このような点からすると、応募者の著作権は訴外協会に帰属することが応募の条件とされたものと解するのが相当である。また、専門家に委嘱されたものについても、前記のような編纂上の基本的方針及び編纂経緯からすると、その著作権の帰属は当然に訴外協会に帰属するとの条件が付されていたものと推認することができるものであり、この推認を左右する証拠はない。
 
[著作権侵害を理由とする請求について]
 
以上の認定説示に照らせば、本件歌詞を作詞したのは被控訴人である。しかしながら、前記に認定した編集の経緯に照らせば、本件歌詞についての著作権は、前記に説示の被控訴人において受領を自認する200円の対価をもって訴外協会に譲渡されたものとみるべきものであることは明らかであるから、被控訴人に著作権が帰属することを前提とする前記請求は理由がない。











相談してみる

ホームに戻る