著作権重要判例要旨[トップに戻る]







二次的著作物の侵害性判断(5)
「キューピー著作権確認事件」平成170215日大阪高等裁判所(平成16()1797
 

【コメント】本件は、原告が、被告において、「被告イラスト」と及び「被告人形」の複製を製造し、これを譲渡、公衆送信等する行為は、原告の有する著作権を侵害するとして、被告に対し、これらの行為の差止め等を求めるとともに、原告がキューピー作品にかかる「1909年作品」、「1910年作品」及び「1912年作品」を著作物とする各著作権を有することの確認を求めた事案です。 

 被告イラスト及び被告人形とキューピー作品との類似性について
 
この争点に関しては、前記の訴訟上の信義則に関して判示したところからすれば、判断する必要をみないが、本件訴訟の経過及び事案の内容にかんがみて、念のために判断することとする。
 
前記で述べたとおり、1909年作品は、1903年作品(前記のとおり、既に公有物となっている。)の二次的著作物であり、1910年作品及び1912年作品は1909年作品の複製にすぎない。1913年作品については、1912年作品に基づいて立体の人形として制作されたものであり、1909年作品と比べると、せいぜいこれを立体化したところに創作性が認められるにすぎないものであるが、その点ではなお創作性があるというべきであるから、1909年作品を原著作物とする二次的著作物と認められる(原告が1913年作品の著作権者であることは、第一次訴訟の確定判決によって確認されているところである。)。
 
二次的著作物の著作権は、二次的著作物において新たに付与された創作的部分についてのみ生じ、原著作物と共通し、その実質を同じくする部分には生じないと解するのが相当である(最高裁平成9717日第一小法廷判決)。
 
そこで、以下では、各作品の関係を踏まえつつ、被告イラストあるいは被告人形が、原著作物に対する創作的部分において共通するか否かを検討する。
 
[1909年作品に関して]
 
(被告イラストについて)
 
(略)
 
以上のとおり、1909年作品と被告イラストは、共通点を有するが、その共通点のほとんどは既に1903年作品において表れているし、1909年作品に付加された新たな創作的部分とはいえない。さらに、1909年作品と被告イラストとは、多くの相違点が存在する。以上を総合的に判断すれば、被告イラストは、1909年作品における本質的特徴を有しているとはいえないから、両者は類似していないと解するのが相当である。
 
(被告人形について)
 
(略)
 
1909年作品はイラストであって平面であるが、被告人形は立体である。平面的な人物イラストと、立体的な人形とを比較する際には、平面的な人物イラストにおける内容及び形式を立体的な人形において感得できるか否かを検討すべきである。
 
(略)
 
以上のとおり、1909年作品と被告人形は、共通点を有するが、その共通点のほとんどは既に1903年作品において表れているし、1909年作品に付加された新たな創作的部分とはいえない。さらに、1909年作品と被告人形とは、多くの相違点が存在する。以上を総合的に判断すれば、被告人形は、1909年作品における本質的特徴を有しているとはいえないから、両者は類似していないと解するのが相当である。
 
[1910年作品、1912年作品について]
 
前記で述べたとおり、1910年作品及び1912年作品には、1909年作品と比較して新たな創作性を認めることはできない。したがって、著作権侵害に該当するか否かを比較するまでもない。
 
[1913年作品について]
 
1913年作品は、前記のとおり、1909年作品を立体化した点において創作性が認められるものであり、それ以外の点で特段創作性を認めるに足りる特徴はない。
 
ところで、原告は、予備的請求3において、1913年作品を、原著作物を1909年作品、1910年作品あるいは1912年作品とする二次的著作物であると位置付け、各原著作物の著作権法28条に基づく請求を行っているところ、1910年作品及び1912年作品については著作権を認めることはできず、また、1909年作品と被告イラスト及び被告人形が類似しないことは前記で述べたとおりである。そうすると、1909年作品を立体化した点でのみ創作性が認められるにすぎない1913年作品について、被告イラスト及び被告人形との類似性を肯定することはできない(1909年作品の二次的著作物である1913年作品において新たに付加された創作的部分が被告イラスト及び被告人形において感得されないことは、第一次訴訟控訴審判決の判示するところである。)。
 
[キューピー関連作品について]
 
原告は、予備的請求4において、キューピー関連作品を1913年作品の原著作物として位置付け、キューピー関連作品の著作権を根拠として、著作権法28条の権利に基づく各種請求を行っている。
 
しかし、1901年作品、1903年作品、1904年作品及び1905年作品は既に公有に帰しており、1906年作品、1907年作品及び1908年作品は、1904年作品@ないしBの複製にすぎない。したがって、予備的請求4の帰趨は、結局、前記で判示した1913年著作権に基づく主張に対する判断と同じになるから、ここで検討するまでもない。











相談してみる

ホームに戻る