著作権重要判例要旨[トップに戻る]







確定判決の既判力
「キューピー著作権確認事件」平成170215日大阪高等裁判所(平成16()1797 

【コメント】本件は、原告が、被告において、「被告イラスト」と及び「被告人形」の複製を製造し、これを譲渡、公衆送信等する行為は、原告の有する著作権を侵害するとして、被告に対し、これらの行為の差止め等を求めるとともに、原告がキューピー作品(イラスト画)にかかる「1909年作品」、「1910年作品」及び「1912年作品」を著作物とする各著作権を有することの確認を求めた事案です。

 
なお、上記差止め等に関しては、原告は、主位的請求として、1909年作品の著作権に基づき、予備的請求1として、1910年作品の著作権及び同作品を二次的著作物とする1909年作品の原著作権(著作権法28条)に基づき、予備的請求2として、1912年作品の著作権及び同作品を二次的著作物とする1909年作品及び1910年作品の各原著作権(著作権法28条)に基づき、予備的請求3として、別紙記載の人形(「1913年作品」)を二次的著作物とする1909年作品、1910年作品及び1912年作品の各原著作権(著作権法28条)に基づき、予備的請求4として、1913年作品を二次的著作物とする「1901年作品」、「1903年作品」、「1904年作品」、「1905年作品」、「1906年作品」、「1907年作品」及び「1908年作品」(以上1901年作品、1903年作品、1904年作品、1905年作品、1906年作品、1907年作品及び1908年作品を総称するときは「キューピー関連作品」という。)の原著作権(著作権法28条)に基づき、請求しました。 


 第一次訴訟の確定判決の既判力について
 
…によれば、第一次訴訟の第一審では、原告は、本件訴訟における1913年作品(人形)の我が国における著作権に基づき、本件訴訟における被告イラスト及び被告人形と同一のイラスト及び人形が1913年作品と同じ人形の著作物の複製又は翻案に当たると主張して、前記「第1 控訴の趣旨等」(原告)2項ないし8項とほぼ同旨の内容による上記各イラスト及び人形(したがって、対象物件も本件訴訟と同じである。)の複製、頒布等の差止め及び廃棄の請求並びに損害賠償及び不当利得返還(請求金額も同一)の請求をしていたところ、第一審判決は、原告の請求をいずれも棄却したこと、第一次訴訟の控訴審(損害賠償請求等を棄却した部分は控訴の対象とされていない。)では、原告は、上記差止め及び廃棄請求のほかに、上記1913年作品と同じ人形に係る著作物の著作権を有することの確認請求を追加したこと、第一次訴訟控訴審判決は、原告(控訴人)が1913年作品(人形)に係る著作物の著作権者であることの確認請求は認容したが、1913年作品(人形)は1909年作品(イラスト)を原著作物とする二次的著作物であり、原著作物である1909年作品を立体的に表現した点においてのみ創作性を有するから、立体的に表現したという点を除く部分については、1909年作品と共通しその実質を同じくするものとして、著作権の効力は及ばないとした上で、被控訴人イラスト(被告イラスト)及び被控訴人人形(被告人形)は、1913年作品と相違し、全体的に考察しても受ける印象が異なるとして、「本件著作物(1913年作品)において先行著作物に新たに付加された創作的部分は、被控訴人イラスト(被告イラスト)等において感得されないから、被控訴人イラスト(被告イラスト)等は、本件著作物の内容及び形式を覚知させるに足りるものでもなく、また、本件著作物の本質的な特徴を直接感得させるものでもないから、本件著作物の複製物又は翻案物に当たらない」と判断して、原告の1913年作品の著作権に基づく差止め及び廃棄の請求を棄却した原審は相当であるとして控訴を棄却したこと、同判決は、最高裁判所の上告棄却及び上告不受理の決定により確定したこと、以上の事実が認められる。
 
以上の事実によれば、第一次訴訟において訴訟物とされていたのは、1913年作品について原告が有している著作権(複製権、翻案権等)の侵害による差止請求権及び損害賠償請求権等である。これに対し、本件訴訟においては、第一次訴訟とは異なり、1913年作品の著作権(1913年著作権)(複製権ないし翻案権)に基づく差止請求権等は、予備的請求3を含め、訴訟物とされていない。したがって、本件訴訟は第一次訴訟とは訴訟物が異なるから、第一次訴訟の確定判決の既判力が本件訴訟に及ぶことはないというべきである。
 
被告は、1913年著作権に基づく各請求も、1913年作品を二次的著作物とする原著作物(1909年作品、1910年作品及び1912年作品)の原著作権(著作権法28条)に基づく各請求も、同一の訴訟物であるから、本件訴訟の予備的請求3は第一次訴訟の既判力に抵触すると主張する。
 
しかし、予備的請求3は、原告が、1913年作品を二次的著作物、1909年作品、1910年作品及び1912年作品を原著作物とする各原著作物の著作権を保有し、被告イラスト及び被告人形は1913年作品を複製又は翻案したものであるとして、原著作物の著作権者として有する著作権法28条の権利(二次的著作物の利用に関する原著作者の権利)に基づき、被告イラスト及び被告人形の複製等の差止め等を請求するものであるから、1913年作品そのものの著作権に基づく差止請求権とは訴訟物が異なるものというべきである。二次的著作物に対する原著作物の著作権者は、当該二次的著作物の利用に関し、「当該二次的著作物の著作者が有するものと同一の種類の権利を専有する」(著作権法28条)とされており、原著作物の著作権者は、二次的著作物の著作者と同じ権利を有することになるが、原著作物の著作権者の有するこの権利は、あくまで原著作物の著作権に基づくものであって、二次的著作物の著作権者が有する権利そのものではない。このことは、原著作物の著作権者と二次的著作物の著作権者とが同一人の場合であっても異なるところはない
 
二次的著作物の著作権は、二次的著作物において新たに付与された創作的部分についてのみ生じ、原著作物と共通しその実質を同じくする部分には生じないと解すべきものであるから(最高裁平成9717日第一小法廷判決参照)、原著作物の著作権者が当該二次的著作物の利用に関して権利を及ぼし得る範囲と一致するものではない。このように、原著作者として有する著作権法28条の権利を行使するのと、原著作物の権利に依ることなく二次的著作物の著作権を行使するのとでは、権利の対象となる著作物及び権利の内容、範囲を異にするものであるから、両者は訴訟物を異にすると解されるのである。
 
したがって、前訴において二次的著作物の著作権に基づく請求のみが審理判断された場合には、後訴において原著作物の著作権に基づく請求を行ったとしても、訴訟物が同一であるということはできない
 
よって、第一次訴訟判決と本件訴訟予備的請求3との間に、既判力の抵触はない。











相談してみる

ホームに戻る