著作権重要判例要旨[トップに戻る]







貸与権侵害を肯定した事例(2)
「写真使用権
販売委託契約事件平成220330日東京地方裁判所(平成21()6604 

【コメント】本件においては、次のような事実関係がありました。

原告は、平成5729、有限会社アートバンク(被告の前身)との間で、以下の内容の販売委託契約(「本件委託契約」))を締結した。
 
1.写真家(判決注・原告)は自己の写真の使用権の販売をアートバンク(判決注・有限会社アートバンク)に委託する。
 
2.写真家はアートバンクに委託した写真(以下「写真」と称す)の使用権が自己に属することを保証する。
 
3.アートバンクは「写真」を国内,海外の出版物,広告印刷物,その他あらゆる用途に販売することが出来る。「写真」の発表の際のクレジット表示について写真家はアートバンクに一任する。
 
(中略)
 
7.アートバンクは「写真」の管理保全には細心の注意を払わねばならない。貸出先における「写真」紛失,破損の場合,アートバンクは補償交渉に努力する。入金した補償金は第4条の規定により配分する。
 
(以下略)」

原告は、平成151月ころ、有限会社アートバンクに対し、本件委託契約の解約を申し入れた。有限会社アートバンクが原告からの上記解約の申入れに応諾したことにより、同月ころ、本件委託契約は終了した。

原告は、本件写真を撮影し、本件委託契約に基づき、有限会社アートバンクに預託した。有限会社アートバンクは、本件写真のデュープフィルムを作成した。

有限会社アートバンクの前身であるアートバンク(被告代表者が個人で写真フィルムの貸出し業等を行っていた当時の屋号)は、昭和5951日、株式会社「カメラ東京サービス」(「カメラ東京サービス」は、平成9年株式会社イマと合併し、現在の商号は株式会社「アマナイメージズ」である。)との間で、アートバンクの製作所有に係る写真原板をカメラ東京サービスに寄託し、アートバンクがカメラ東京サービスに対し、これを写真原稿として販売することを委託することを内容とする写真原稿委託販売契約を締結した。

被告は、平成201015日、「アマナイメージズ」との間で、被告が、著作権及び使用許諾権を有する写真、イラスト等著作物の原板・原画、又はデジタルデータを含む一切の形態の著作物をアマナイメージズに預託し、預託著作物に関する複製・デジタル化・出版・展示・貸与・配給・編集・上映・頒布・翻案・変形・商品化その他預託著作物を使用、利用するために必要なすべての権利を、アマナイメージズが被告の代理人として、全世界において、独占的に第三者に再許諾する権利及び自ら使用する権利をアマナイメージズに与えることを内容とする著作物の使用に関する基本契約を締結した。

アマナイメージズは、平成2078日、株式会社「三晃堂」に対し、株式会社「TWJ社」の2009年カレンダー企画用に、本件写真を貸し出した

三晃堂がTWJ社に提案したカレンダー企画は採用されず、カレンダー製作は中止された。 


 アマナイメージズが被告との間の契約に基づき,本件写真を第三者に貸し出したことが,原告の著作権の侵害に当たるかについて
 
原告は,被告が原告に無断で,本件写真をTWJ社のカレンダーに使用したこと,あるいは,本件写真を第三者に貸し出したことは,著作権法に違反する不法行為に当たる旨主張する。
 
被告の販売委託先であるアマナイメージズは,平成2078日,三晃堂に対し,TWJ社の2009年カレンダー企画用に,本件写真を貸し出したものの,三晃堂がTWJ社に提案したカレンダー企画は採用されなかったため,結局,本件写真はカレンダーには使用されなかったことは,前提事実に記載のとおりである。
 
したがって,原告の上記主張のうち,本件写真をTWJ社のカレンダーに使用したことを前提とする部分は理由がない。
 
被告は,アマナイメージズとの間で,被告が使用許諾権を有する写真等の著作物をアマナイメージズに預託し,預託著作物に関する複製・貸与等その他預託著作物を使用,利用するために必要なすべての権利を,アマナイメージズが被告の代理人として,全世界において,独占的に第三者に再許諾する権利及び自ら使用する権利をアマナイメージズに与えることを内容とする著作物の使用に関する基本契約を締結していたこと,アマナイメージズは,被告との間の同契約に基づき,平成2078日,三晃堂に対し,有償で,TWJ社のカレンダー企画用に,本件写真を貸し出したこと,被告は,アマナイメージズから売上金の配分を受けたことは,前提事実に記載のとおりである。
 
著作者は,その著作物をその複製物の貸与により公衆に提供する権利を専有する(著作権法26条の3)。ここに「公衆」とは,同法25項が「公衆」には,「特定かつ多数の者を含むものとする。」と定めていることから,複製物の貸与を受ける者が,不特定又は特定多数の者であれば,公衆への貸与に該当するものと解される。
 
上記事実によれば,アマナイメージズは被告の受託者として,第三者(三晃堂)に写真の使用を許諾したものであり,三晃堂は,広く一般に写真の貸出業を行う写真エージェンシーであるアマナイメージズにとって,不特定の者に該当すると認められる(アマナイメージズが,本件写真の使用許諾先を三晃堂(特定の者)に限定していたとの事実は認められない。)。そして,アマナイメージズにとって,三晃堂は不特定の者に該当するのであるから,アマナイメージズに対して,本件写真の使用許諾行為を委託した被告にとっても,三晃堂は不特定の者に該当すると認めるのが相当である。したがって,被告が,アマナイメージズに委託して,本件写真を第三者に貸し出した行為は,本件写真に係る原告の著作権(貸与権)の侵害に当たる











相談してみる

ホームに戻る