著作権重要判例要旨[トップに戻る]







黙示の利用許諾を認めなかった事例(6)
写真集『写真で見る首里城』事件平成200924日那覇地方裁判所(平成19()347 

 被告らは,原告は,自ら希望して被告東亜のフォトライブラリーに本件原写真18等を提供し,この場合には原告は被告東亜に対して,当該写真の著作権を主張せず,かつ使用料を請求しない旨を申し出たのであって,被告東亜に就職する以前に撮影した写真を被告東亜が自由に複製等することを許諾した等と主張する。
 
確かに,前記のとおり,原告は自ら進んで自己が被告東亜に就職する以前に撮影した写真を被告東亜のフォトライブラリーに提供したものであったところ,…によれば,原告は被告東亜に対し,フォトライブラリーに提供した写真につき,使用料を要求したことも,被告東亜から使用料を受領したこともなかったことが認められる。
 
しかしながら,前記のとおり,原告は被告東亜の従業員であった間,フォトライブラリー業務を担当していたところ,…によれば,原告が被告東亜のフォトライブラリーに自己が被告東亜に就職する前に撮影した写真を提供したのは,フォトライブラリーの売上げを伸ばすことで,被告東亜の経営に貢献するためであったことが認められる。
 
そして,本件写真集に対する本件原写真18の使用は,被告東亜が制作する写真集への使用であって,被告東亜が外部の第三者に使用を許して使用料を徴求する場面とは,その様相が異なることは否定できない。
 
加えて,前記のとおり,原告は被告東亜に対し,その退職に際して自己が撮影した写真のフィルムを返還するよう要求しており,他方被告東亜も,原告に対し,原告が退職した後に,原告が被告東亜に就職する前に撮影して,被告東亜に預けた写真のフィルムのうち,本件原写真18以外の写真のフィルムを返還したものであった。
 そうすると,原告が自己が被告東亜に就職する以前に撮影した写真を被告東亜のフォトライブラリーに登録した等の事実から,少なくとも,原告が被告東亜に対し,被告東亜に就職する以前に撮影した写真を,原告が被告東亜を退職した後においても,被告東亜において,被告東亜が制作する写真集等に自由に複製等することを明示又は黙示に許諾したとまでみることは困難である。
 
(略)
 
被告らは,原告は,被告東亜に在職中,本件第2版及び第3版の企画及び制作に深く関与し,写真集「写真で見る首里城」が改訂を重ねていく性格の書籍であることを知っていたにもかかわらず,原告は,被告東亜を退職する以前に,被告東亜との間で,自己が撮影した写真の著作権に関し何らの取決めをすることも,被告東亜に対して上記写真の使用料を請求することもなく,また当時被告東亜において保管中であった上記写真の使用料につき,被告東亜との間で何ら取決めをせず,上記写真を引き取ることもしなかったから,原告は,上記退職の際,被告東亜との間で,原告が撮影した写真につき,被告東亜において自由に複製等して使用することを,少なくとも黙示に合意した旨を主張する。
 
確かに,前記のとおり,原告は被告東亜に在職中は,そのほとんどの期間において被告東亜の営業の大半を担当していたのであって,本件第2版及び第3版の制作にも能動的かつ大幅に関与していたから,被告東亜を退職する前後において,写真集「写真で見る首里城」が,本件第3版で打ち切りになり,以後同種の写真集を発行することがない性格のものではなく,それ以降も改訂を重ねる可能性があったことを認識していたものと容易に推認できる。
 
また,前記とおり,本件第2版は本件初版で掲載された写真を,本件第3版は本件第2版で掲載された写真を,それぞれ相当数引き続き掲載していることにかんがみれば,原告は,被告東亜を退職する前後において,本件第3版以降の写真集「写真で見る首里城」の改訂版において,本件第3版に掲載された写真を引き続き掲載する可能性があることを認識していたものと容易に推認できる。
 
そうすると,原告は,被告東亜を退職する前後において,本件原写真18も,本件第3版以降の写真集「写真で見る首里城」の改訂版に引き続き掲載される可能性があったことを認識していたものと推認できる。
 
他方,前記のとおり,原告は,被告東亜を退職する際も,それ以前においても,被告東亜との間で,原告が被告東亜に就職する以前に撮影した写真の著作権の帰属や,既に使用された写真集や書籍等の取扱い,上記退職の前及び後に使用された上記写真の使用料につき,何ら書面でも口頭でも取決めをしなかったものである。
 そうすると,本件第3版を制作した時点で,本件第3版以降の写真集「写真で見る首里城」の改訂版にも本件原写真18を引き続き掲載するべく,この限りで本件原写真18の複製等を黙示に許諾したとみる余地や,あるいは,被告東亜を退職する前に原告が被告東亜の社内でその幹部職員として果たしていた役割の大きさや,被告東亜の元取締役として,退任及び退職後の会社の業務運営に無用な混乱を生じさせないという道義的な責任から,その後の改訂が明らかな本件第3版以降の写真集「写真で見る首里城」の改訂版に引き続き掲載するべく,この限りで本件原写真18の複製等を黙示に許諾したとみる余地も十分あるところである。
 
その上,前記のとおり,本件第3版には当初座喜味城跡の航空写真を掲載する予定であったところ,Bが了知しないうちに,原告が被告東亜に就職する前に地上から撮影した写真である本件原写真18を掲載することに切り替わっていたものであるが,弁論の全趣旨によれば,上記のような事態は,当時本件第3版の制作作業を担当していた原告が,被告財団の担当者と協議しながら,掲載する写真を本件原写真18にしたものと認められるから,原告においては,本件第3版の制作当時ないし退職前の時点において,本件第3版以降の写真集「写真で見る首里城」の改訂版にも引き続き本件原写真18が掲載されることを意欲していたとも推認することができる。
 
しかしながら,本件第3版には,本件原写真18の著作者であることが明確にされてはいないものの(本件第3版には,被告東亜の関係者以外の者が撮影した写真が多数掲載され,掲載された写真の点数全体との関係では大きな割合を占めているところ,その奥付きには,B及び原告以外の者について,写真提供者としてしか記載されていないし,B及び原告等が撮影した写真で,本件第3版に掲載された写真は相当数に上るのに,B及び原告が一括して写真撮影者として,その経歴とともに奥付きに記載されており,少なくとも本件原写真18との結び付きが不明確である。),その奥付きには曲がりなりにも掲載された写真の撮影を行った者として原告の氏名が記載されていたのであって,原告がその本人尋問において,「それならば,私の名前を配置するべきだと思うし,もしご本人だけのものであるならば,自分で全部撮ったものを載せるだろうっていうふうに,ある意味では信頼していました。」と,自己の氏名が表示されない写真集に掲載することを許容するつもりはなかった旨を供述していることにもかんがみれば,仮に原告が本件第3版以降の写真集「写真で見る首里城」の改訂版にも本件原写真18を引き続き掲載すること,すなわち本件原写真の複製等を黙示に許諾したことがあったとしても,上記許諾は,当該改訂版に写真撮影者として原告の氏名を表示することを前提としていたものというべきである。
 
しかるに,本件第3版の改訂版である本件写真集には,その奥付き等に原告の氏名の表示は一切存しないから,少なくとも原告の氏名の表示がない本件写真集に掲載して出版するべく,本件原写真18を複製等することに対しては,原告の許諾はなかったものといわざるを得ない
 
また,前記のとおり,原告は被告東亜に対し,その退職に際して自己が撮影した写真のフィルムを返還するよう要求しており,他方被告東亜も,原告に対し,原告が退職した後に,原告が被告東亜に就職する前に撮影して,被告東亜に預けた写真のフィルムのうち,本件原写真18以外の写真のフィルムを返還したものであったし,前記のとおり,被告東亜が原告に対して本件原写真18のフィルムを返還しなかったのは,被告東亜の従業員が本件原写真18の撮影年月を誤ってマウントに記載したために,被告東亜において原告が被告東亜に就職した後に撮影したものと誤って理解されていたことに基づくものにすぎなかった。
 
そうすると,原告が被告東亜を退職する際に自己が撮影した写真のフィルムを引き取らなかったとは必ずしもいえず,上記フィルムを引き取らなかったことを根拠とする被告らの前記の主張は前提を欠くものである。また,フィルムの返還に係る上記各事情にかんがみれば,原告が被告東亜から本件原写真18のフィルムの交付を受けていないことから,原告が被告東亜に対し,本件原写真18のフィルムの所有権を放棄したとか,本件原写真18の複製等を許諾したとみることも困難である。











相談してみる

ホームに戻る