著作権重要判例要旨[トップに戻る]







写真集の制作発注者の注意義務
写真集『写真で見る首里城』事件平成200924日那覇地方裁判所(平成19()347 

【コメント】本件は、被告株式会社東亜フォトニクス(「被告東亜」)の元取締役であり、写真家である原告が、被告東亜及び被告財団法人海洋博覧会記念公園管理財団(「被告財団」)に対し、原告が撮影した「本件各原写真」を被告らが無断で複製して写真集「写真で見る首里城(第4版)」(「本件写真集」)に掲載しているのは原告の複製権を侵害し、また原告の氏名を表示せずに本件写真集を複製及び販売しているのは原告の氏名表示権を侵害する不法行為である等と主張して、本件各原写真の複製権等に基づいて、本件各原写真の複製物ないし翻案物である各写真を削除しない限りでの本件写真集の複製及び販売の差止め、使用料相当額の損害の賠償を請求し、また本件各原写真に係る氏名表示権に基づく慰謝料の支払い、謝罪広告の掲載等をそれぞれ請求した事案です。 

 [被告らの過失の有無について]
 
前記のとおり,被告東亜の従業員の手違いで本件原写真18のマウントの撮影年月が誤って記載され,被告において原告が被告東亜に就職した後に撮影したものと誤解されたため,被告東亜は原告から本件原写真18の複製等の許諾を得ることなく,本件原写真18を複製して本件写真集を制作し,被告財団に対して本件原写真が複製された本件写真集を販売(譲渡)したものであって,その結果,原告の本件原写真18に係る複製権等を侵害したものであった。
 
そうすると,被告東亜には,原告の本件原写真18に係る複製権等の侵害につき,少なくとも過失があったというべきである。
 
そして,被告財団も,本件写真集に掲載する写真の著作者及び著作権の帰属につき確認すべき注意義務を負っているところ,被告財団の主張によっても,被告財団の担当者は,被告東亜に対して制作の発注をしたり,被告東亜の担当者との間で打合せ協議を行ったのみで,本件原写真18の著作者等を何ら確認していないものであった
 
他方,被告財団において,被告東亜の担当者の説明等を信頼して,本件原写真18の著作者等の確認作業を省略したことがやむを得なかったと評価すべき事情は存しない
 
そうすると,本件写真集を発行した被告財団にも,原告の本件原写真18に係る複製権等の侵害につき,少なくとも過失があったというべきである。
 以上のとおり,被告らには原告の本件原写真18に係る複製権等の侵害につき,少なくとも過失があり,原告に対して本件原写真18に係る複製権等の侵害の不法行為に基づく責任を負うが,被告らは共同して本件写真集の発行に関与したものとみうるから,被告らの共同不法行為と評価すべきものであって,被告らの原告に対する損害賠償義務は不真正連帯債務になる。
 
[過失相殺について]
 
被告財団は,原告には,被告東亜に在職時又は退職時に,自己が撮影した写真の取扱いにつき被告東亜との間で取決めをすることを怠った過失があるから,原告の損害賠償請求につき過失相殺すべきである旨を主張する。
 
確かに,原告は,退職及び退任の後に,被告東亜の業務に生じる悪影響を回避するため,遅くとも退職及び退任の際ころまでに,被告東亜との間で既に被告東亜において使用された写真の著作権の取扱いにつき,書面を作成して合意しておく方が,その道義上も相当であったともいい得る。
 
しかしながら,上記のような合意をしてその後の悪影響を排除すべきであるのは,被告東亜であって,原告が上記のような合意がないことによる不利益を甘受すべきいわれはないというべきである。
 そうすると,本件原写真18の取扱いにつき仮に原告に何らかの落ち度があったと評価し得る余地があるとしても,原告の損害賠償請求につき過失相殺の根拠となり得る過失と評価すべきであるとまではいうことができない。
 
したがって,被告財団の上記主張は失当である。











相談してみる

ホームに戻る