著作権重要判例要旨[トップに戻る]







映像の編集行為を同一性保持権侵害と認定した事例
100円ショップDVD『SL世界の車窓』販売事件平成220421日東京地方裁判所(平成20()36380) 

【コメント】本件は、世界各地のSLのビデオ映像を撮影した原告が、原告に無断で当該ビデオ映像を編集して作成されたDVD「SL世界の車窓」を被告が販売等したとして、被告に対し、当該ビデオ映像についての著作権(複製権)及び著作者人格権(公表権、氏名表示権及び同一性保持権)の侵害を理由とする損害賠償金の支払等を求めた事案です。

 
本件においては、次のような事実関係がありました。

被告は、いわゆる「百円均一ショップ」の最大手として、物品を廉価に販売している流通業者である。

補助参加人(以下、被告と併せて「被告ら」ということがある。)は、テレビ用映画フィルムの配給等を業とする株式会社である。Bは、補助参加人の前代表取締役であり、補助参加人のほか、映像制作を行うことを業とする会社である「オスカ企画を経営している。Cは、補助参加人の専属映像ディレクターである。

原告は、世界各地を取材し、平成14年ころから世界の鉄道動画をデジタルビデオテープ(「DVテープ」)に記録していた(テープ本数15本、撮影時間は約25時間。以下、当該鉄道動画を「本件映像」といい、本件映像が記録されたDVテープを「本件DVテープ」という。)。原告は、本件映像について、その撮影者として、著作権及び著作者人格権を取得した。

被告は、平成1910月ころから、「本件DVD」を税込み315円で販売した。本件DVDは、補助参加人が本件映像を利用して編集・作成したものである。 


 同一性保持権
 
被告らは,原告が本件DVテープが編集されることを知りつつ,これに異議を述べなかった以上,当該編集につき,原告の許諾があったと主張する。
 
しかしながら,前記のとおり,原告は,オスカ企画が本件映像を利用した放送番組の制作の企画を検討していることを認識していたにすぎず,当該企画自体が明確に確定していたわけではないことからすれば,原告が編集後の放送番組の内容を認識していたと認められないことはもちろん,どのような方針で編集がされるかも認識していなかったと認められることから,原告が,放送番組の企画が検討されていることを知りながら何らの異議を述べなかったとしても,補助参加人又はオスカ企画が本件映像を編集することにつき,原告が承諾していたと認めることはできない。
 
したがって,被告らの前記主張は,採用することができない。
 
また,被告らは,本件DVテープが膨大な量であることからすれば,これを編集することは,著作物の利用の目的及び態様に照らしてやむを得ない改変に該当する(著作権法2024号)と主張する。
 
しかしながら,本件映像は,元々,公表することや放送番組に利用することを予定して撮影されたものではなく,また,本件作品1及び2並びに本件DVDを作成するために,合計約25時間に及ぶ本件映像を取捨選択して,約46分間の映像に編集していることからすれば,このような編集行為が「著作物の性質並びにその利用の目的及び態様に照らしやむを得ない」改変に該当すると認められないことは,明らかであり,被告らの前記主張は,採用することができない。
 
したがって,本件映像を編集した本件DVDを作成することは,原告の本件映像についての同一性保持権を侵害すると認められる。そして,前記のとおり,本件DVDは,被告が販売する商品として企画・制作され,本件DVDに被告の名義のみが表示されて販売されていることからすれば,被告においても,同一性保持権を侵害する行為を行ったものと認めることができる
 
このほか,被告は,本件DVDにつき,補助参加人が編集著作物として著作権を有すると主張する。
 
しかしながら,仮に,本件DVDが編集著作物として認められるとしても,そのことは,編集物の部分を構成する本件映像の著作者である原告の権利に影響を及ぼすものではないから(著作権法122項),被告の主張は,主張自体,失当である。











相談してみる

ホームに戻る