著作権重要判例要旨[トップに戻る]







パッケージデザインの著作物性
「‘サントリー黒烏龍茶’事件平成201226日東京地方裁判所(平成19()11899 

【コメント】本件は、原告が、被告らにおいて、原告の周知又は著名な商品表示と類似する商品表示を付した各商品を製造及び販売したとして、被告らに対し、不正競争防止法211号又は2号、4条の規定による損害賠償金の支払等を求め、被告オールライフサービスにおいて、そのウェブサイト上で、被告の商品の品質等を誤認させ、虚偽の事実によって原告の商品を中傷する広告を掲載し、かつ、同広告により原告の商標権及び著作権を侵害したとして、被告オールライフサービスに対し、同法2113号又は14号、3条の規定による誤認惹起行為及び虚偽事実流布行為の差止め、著作権法1121項の規定による複製権侵害行為の差止め等を求めた事案です。
 
ここで取り上げる「争点」は、「別紙原告商品表示目録の写真に示されているパッケージデザイン(以下「本件デザイン」という。)の著作物性の有無」についてです。
 
なお、原告が製造・販売している「原告商品」とは、「サントリー黒烏龍茶OTPP」という名称の飲料商品をさしています。 


 本件デザインの著作物性の有無について
 
著作権法211号は,著作物を「思想又は感情を創作的に表現したものであって,文芸,学術,美術又は音楽の範囲に属するものをいう。」と規定し,さらに,同条2項は,「この法律にいう『美術の著作物』には,美術工芸品を含むものとする。」と規定している。
 
これらの規定は,意匠法等の産業財産権制度との関係から,著作権法により著作物として保護されるのは,純粋な美術の領域に属するものや美術工芸品であって,実用に供され,あるいは,産業上利用されることが予定されている図案やひな型など,いわゆる応用美術の領域に属するものは,鑑賞の対象として絵画,彫刻等の純粋美術と同視し得る場合を除いて,これに含まれないことを示していると解される。
 
…によれば,本件デザインは,当初から,原告商品のペットボトル容器のパッケージデザインとして,同商品のコンセプトを示し,特定保健用食品の許可を受けた商品としての機能感,おいしさ,原告のブランドの信頼感等を原告商品の一般需要者に伝えることを目的として,作成されたものであると認められる。
 
そして,完成した本件デザイン自体も,別紙原告商品目録の写真のとおり,商品名,発売元,含有成分,特定保健用食品であること,機能等を文字で表現したものが中心で,黒,白及び金の三色が使われていたり,短冊の形状や大きさ,唐草模様の縁取り,文字の配置などに一定の工夫が認められるものの,それらを勘案しても,社会通念上,鑑賞の対象とされるものとまでは認められない
 
したがって,本件デザインは,いわゆる応用美術の領域に属するものであって,かつ,純粋美術と同視し得るとまでは認められないから,その点において,著作物性を認めることができない
 
以上により,原告の本件デザインの著作権に基づく請求は,いずれも理由がない。











相談してみる

ホームに戻る