KLS著作権情報館[ホーム]
c著作権判例Archives[戻る]







著作権重要判例要旨>[00]最高裁判例一覧

 [メール相談] [プロジェクト支援] [コンテンツ契約] [文化庁登録] [米国著作権局登録] [侵害対応]
Provided by Kaneda Legal Service

(年代順)

・ 
「管理楽曲放送等使用料包括徴収事件 平成27428日最高裁判所第三小法廷(平成26(行ヒ)75
  ⇒著作権等管理事業


・ 「ウェブサイト新聞社批判記事事件」平成24年03月23日最高裁判所第二小法廷(平成22(受)1529)
  ⇒
人格権

・ 「『ピンク・レディーdeダイエット』事件(‘ピンク・レディーダイエット’写真記事事件平成240202日最高裁判所第一小法廷(平成21()2056
  ⇒
パブリシティ権・プライバシー

・ 「黒澤映画DVD輸入販売/東宝事件①」平成240117日最高裁判所第三小法廷(平成22()1884
  ⇒
過失責任論

・ Winny著作権法違反幇助事件」平成231219日最高裁判所第三小法廷(平成21()1900
  ⇒罰則


・ 「北朝鮮映画無許諾放送事件」平成231208日最高裁判所第一小法廷(平成21()602
  ⇒
保護を受ける著作物

・ 「ビデオデッキレンタルシステム『ロクラクⅡ』事件」平成230120日最高裁判所第一小法廷(平成21()788
  ⇒『複製』の射程範囲


・ インターネット経由テレビ番組視聴サービス『まねきTV』事件平成230118日最高裁判所第三小法廷(平成21()653
  ⇒公衆送信権

・ フランチャイズラーメン店名誉毀損被告事件」平成220315日最高裁判所第一小法廷(平成21()360
  ⇒
名誉に対する罪

・ 「チャップリン映画DVD商品無断複製頒布事件」平成211008日最高裁判所第一小法廷(平成20()889
  ⇒
保護期間

・ 「外務省不開示文書検証申出等事件」平成210115日最高裁判所第一小法廷(平成20(行フ)5
  ⇒参考

・ 従軍慰安婦問題を裁く民衆法廷テレビ放送事件」平成200612最高裁判所第一小法廷(平成19()808
  ⇒参考


・ 「映画『シェーン』DVD製造販売事件」平成191218日最高裁判所第三小法廷(平成19()1105
  ⇒
保護期間

・ 「インクジェットプリンタ用インクタンク事件」平成191108日最高裁判所第一小法廷(平成18()826
  ⇒
参考

・ 「橋梁施工方法特許に係る質権設定登録事件」平成180124日最高裁判所第三小法廷(平成17()541
  ⇒
参考

・ 「映画投資組合配給契約事件」平成18年01月24日最高裁判所第三小法廷(平成12(行ヒ)133)
  ⇒
参考

・ 「毒物混入カレー事件被疑者肖像権侵害事件」平成17年11月10日最高裁判所第一小法廷(平成15(受)281)
  ⇒
人格権

・ 船橋市図書館蔵書廃棄事件平成170714日最高裁判所第一小法廷平成16()930
  ⇒
著作者の人格的利益

・ NHK番組『妻からの離縁状・突然の別れに戸惑う夫たち』訂正放送等請求事件」平成161125日最高裁判所第一小法廷(平成13()1513
  ⇒
人格権

・ 「『脱ゴーマニズム宣言vs.新・ゴーマニズム宣言』事件」平成160715日最高裁判所第一小法廷(平成15()1793 
  ⇒人格権

・ 「管轄違い移送申立て事件(不競法関係)」平成160408日最高裁判所第一小法廷(平成15()44
  ⇒
参考

・ 「競走馬名パブリシティ権事件」平成160213日最高裁判所第二小法廷判決(平成13()866
  ⇒
パブリシティ権・プライバシー権

・ 「アニメ『アール・ジー・ビー・アドベンチャー』事件」平成150411日最高裁判所第二小法廷平成13()216
  ⇒
職務著作

・ 中国製ポロシャツ輸入事件」平成150227最高裁判所第一小法廷(平成14()1100
  ⇒参考


・ 「D装置米国特許権侵害事件」平成14年09月26日最高裁判所第一小法廷(平成12(受)580)
  ⇒
準拠法

・ 「『石に泳ぐ魚』事件」平成14年09月24日最高裁判所第三小法廷(平成13(オ)851)
  ⇒
人格権

・ 「中古ソフト(家庭用テレビゲーム機用ゲームソフト)販売事件」平成140425日最高裁判所第一小法廷判決平成13()952
  ⇒映画の著作物/
その他の種類の著作権

・ 「‘ロス疑惑’配信記事事件②」平成140129日最高裁判所第三小法廷(平成9()1371
  ⇒
人格権

・ 「北海道新聞‘殴打事件’記事事件平成140129日最高裁判所第三小法廷(平成8()576
  ⇒
人格権

・ 「‘ロス疑惑’配信記事事件」平成140129最高裁判所第三小法廷(平成7()1421
  ⇒
人格権

・ 「『NEOS』商標権譲渡担保事件」平成13年11月16日最高裁判所第二小法廷(平成12(受)1666)
  ⇒
参考

・ 「『キャンディ・キャンディ』著作権確認等事件」平成13年10月25日最高裁判所第一小法廷(平成12(受)798)
  ⇒二次的著作物/
二次的著作物に関する権利

・ わいせつ画像データ公然陳列事件」平成130716日最高裁判所第三小法廷(平成11()1221 
  ⇒表現の自由とその制限

・ 「江差追分ノンフィクション翻案事件」平成130628日最高裁判所第一小法廷判決平成11()922
  ⇒
二次的著作物

・ 「円谷プロ国際契約事件①」平成130608日最高裁判所第二小法廷平成12()929
  ⇒国際裁判管轄/
その他

・ 「カラオケ装置リース業者事件(ビデオメイツ事件)」平成130302日最高裁判所第二小法廷判決平成12()222
  ⇒
侵害主体論

・ 「ゲームソフト『ときめきメモリアル』事件」平成130213日最高裁判所第三小法廷(平成11()955
  ⇒同一性保持権/
侵害主体論

・ 「タイプフェイス事件」平成120907日最高裁判所第一小法廷判決(平成10()332
  ⇒
書体の著作物性

・ 「書籍『賄賂の話』事件」平成111026日最高裁判所第三小法廷(平成9()411
  ⇒
人格権

・ 月刊雑誌『諸君!』評論事件平成100717日最高裁判所第二小法廷(平成6()1082
  ⇒同一性保持権/
人格権

・ 「‘ロス疑惑’A新聞記事事件」平成100130日最高裁判所第二小法廷(平成6()1084
  ⇒人格権


・ 「自動車買付預託金返還請求事件」平成91111日最高裁判所第三小法廷(平成5()1660
  ⇒
参考

・ 「『夕刊フジ』記事事件」平成9年09月09日最高裁判所第三小法廷(平成6(オ)978)
  ⇒
人格権

・ 「ポパイのキャラクター著作権侵害事件」平成90717日最高裁判所第一小法廷判決平成4()1443
  ⇒キャラクター/二次的著作物/『複製』の射程範囲/二次的著作物に関する権利/保護期間/著作権と時効

・ 
懲罰的損害賠償執行判決事件平成90711日最高裁判所第二小法廷(平成5()1762
  ⇒
参考

・ BBS事件平成90701日最高裁判所第三小法廷(平成7()1988
  ⇒
参考

・ 「‘ロス疑惑’新聞記事事件②」平成90527日最高裁判所第三小法廷(平成8()220
  ⇒
人格権

・ 「‘ロス疑惑’新聞記事事件」平成90527日最高裁判所第三小法廷(平成5()1038
  ⇒
人格権

・ 「独占的ビデオ化権者告訴事件」平成70404日最高裁判所第三小法廷決定(平成6()582
  ⇒
罰則

・ 「ノンフィクション『逆転』事件」平成60208日最高裁判所第三小法廷(平成1()1649
  ⇒
人格権

・ 「『智恵子抄』事件」平成50330日最高裁判所第三小法廷(平成4()797
  ⇒
著作者

・ 「‘第一次教科書訴訟’事件」平成50316最高裁判所第三小法廷(昭和61()1428
  ⇒
表現の自由とその制限

・ 「『POPEYE/ポパイ』商標権侵害事件」平成20720日最高裁判所第二小法廷判決昭和60()1576 
  ⇒著作権と商標権

・ 「岐阜県青少年保護育成条例違反事件」平成10919日最高裁判所第三小法廷(昭和62()1462
  ⇒
表現の自由とその制限

・ 「カラオケ演奏事件(クラブキャッツアイ事件)昭和630315日最高裁判所第三小法廷判決昭和59()1204
  ⇒
侵害主体論

・ 「ニュース番組外国人氏名呼称事件」昭和63年02月16日最高裁判所第三小法廷(昭和58(オ)1311)
  ⇒
人格権

・ 「売買土地過小測量図作成事件」昭和630126日最高裁判所第三小法廷(昭和60()122
  ⇒
参考

・ 「日刊全国紙政党意見広告事件(いわゆるサンケイ新聞事件)」 昭和620424日最高裁判所第二小法廷(昭和55()1188
  ⇒
人格権

・ 「北方ジャーナル事件」昭和61年06月11日最高裁判所大法廷(昭和56(オ)609)
  ⇒人格権/
表現の自由とその制限

・ 「パロディ・モンタージュ写真事件②」昭和610530日最高裁判所第二小法廷昭和58()516
  ⇒著作者人格権侵害総論/
損害額の認定

・ 「札幌税関検査訴訟事件」昭和59年12月12日最高裁判所大法廷( 昭和57(行ツ)156)
  ⇒
表現の自由とその制限

・ 「顔真卿自書告身帳事件」昭和590120日最高裁判所第二小法廷判決(昭和58()171
  ⇒
著作権総論

・ 「べツド拘束告発事件」昭和581020日最高裁判所第一小法廷(昭和56()25
  ⇒
人格権

・ 「裸体写真塗りつぶし修正事件」昭和58年03月08日最高裁判所第三小法廷(昭和54(あ)1358)
  ⇒
表現の自由とその制限

・ 「マレーシア航空事件」昭和56年10月16日最高裁判所第二小法廷(昭和55(オ)130)
  ⇒
参考

・ 「『月刊ペン』事件」昭和560416日最高裁判所第一小法廷(昭和55()273
  ⇒
名誉に対する罪

・ 「『四畳半襖の下張』事件」昭和551128日最高裁判所第二小法廷(昭和54()998
  ⇒
表現の自由とその制限

・ 「パロディ・モンタージュ写真事件」昭和550328日最高裁判所第三小法廷判決昭和51()923
 ⇒同一性保持権/引用/
パロディー

・ 「『ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー』事件」昭和530907日最高裁判所第一小法廷判決昭和50()324
  ⇒
著作権侵害総論

・ 「株式会社に対する損害賠償請求事件」昭和490228日最高裁判所第一小法廷(昭和48()930
  ⇒
参考

・ 「通常実施権設定登録等請求事件」昭和480420日最高裁判所第二小法廷(昭和47()395
  ⇒
参考

・ 「委嘱状不法発送謝罪請求事件」昭和45年12月18日最高裁判所第二小法廷(昭和43(オ)1357)
  ⇒
人格権

・ 「『製材用送材車の進退装置』の特許侵害物使用禁止請求事件」昭和450922日最高裁判所第三小法廷(昭和41()157
  ⇒
その他

・ 「『悪徳の栄え(続)』事件」 昭和44年10月15日最高裁判所大法廷( 昭和39(あ)305)
  ⇒
表現の自由とその制限

・ 「『夕刊和歌山時事』事件」昭和440625日最高裁判所大法廷(昭和41()2472
  ⇒
名誉に対する罪

・ 「‘人の噂であるから’名誉棄損事件」昭和430118日最高裁判所第一小法廷(昭和42()361
  ⇒
名誉に対する罪

・ 「衆議院議員立候補者経歴詐称等記事事件」昭和41年06月23日最高裁判所第一小法廷(昭和37(オ)815)
  ⇒
人格権

・ 「法人慰藉料等請求事件」昭和39年01月28日最高裁判所第一小法廷(昭和34(オ)901)
  ⇒
人格権

・ レコード使用禁止等請求事件昭和381225日最高裁判所大法廷(昭和34()780
  ⇒
著作権制度の存在意義

・ 「学会誌記事‘盗載’事件」昭和380416日最高裁判所第三小法廷(昭和34()1019
  ⇒
人格権

・ 「有限会社持分確認請求事件」昭和350311日最高裁判所第二小法廷(昭和30()545
  ⇒
参考

・ 「チャタレー事件」最高裁判所大法廷昭和32年03月13日(昭和28(あ)1713)
  ⇒
表現の自由とその制限

・ 「新聞記事名誉棄損事件」昭和310720日最高裁判所第三小法廷(昭和29()634
  ⇒
人格権

・ 「謝罪広告請求事件」昭和31年07月04日最高裁判所大法廷(昭和28(オ)1241)
  ⇒
参考

・ 「推定相続人による仮装売買無効確認事件」昭和30年12月26日最高裁判所第三小法廷(昭和27(オ)683)
  ⇒
参考

・ 「『真相特集版』事件」昭和301209日最高裁判所第二小法廷(昭和28()2762
  ⇒
名誉に対する罪

・ 「‘片手落’名誉棄損事件」昭和281215日最高裁判所第三小法廷(昭和27()3760
  ⇒
名誉に対する罪

・ 「『好色話の泉』等新聞記事事件昭和260510日最高裁判所第一小法廷(昭和26()172
  ⇒
表現の自由とその制限

 [メール相談] [プロジェクト支援] [コンテンツ契約] [文化庁登録] [米国著作権局登録] [侵害対応]
Provided by Kaneda Legal Service