KLS著作権情報館[ホーム]
c著作権判例Archives[戻る]







著作権重要判例要旨>[06]キャラクター

 漫画キャラクターの著作物性「ポパイのキャラクター著作権侵害事件」H9-最判)/H2-地判/H4-高判)

 
漫画キャラクターの著作物性(2)「『サザエさん』事件」(S51-地判)

 
テレビアニメキャラクターの著作物性「ライダーマン事件」S52-地判)

 
イラストキャラクターの著作物性「男の子と女の子のイラストキャラクター事件」H12-高判)

 
キャラクターの保護の範囲:「カエルのイラスト・キャラクター事件」H13-高判)

 ゲームソフトのキャラクターの図柄の侵害性が問題となった事例:「『ときめきメモリアル』vs.『どぎまぎイマジネーション』事件」H11-地判)

cf.キャラクター商品化における使用料率:「『サザエさん』事件」S51-地判)⇒「利用の許諾

 [メール相談] [プロジェクト支援] [コンテンツ契約] [文化庁登録] [米国著作権局登録] [侵害対応]
Provided by Kaneda Legal Service