KLS著作権情報館[ホーム]
c著作権判例Archives[戻る]







著作権重要判例要旨>[24]職務著作

 職務著作規定の趣旨「黒澤映画DVD輸入販売/角川事件@」H20-高判

 職務著作性「宇宙工学プログラム事件」H18-高判

 職務著作性(2)「ネットワーク講義教本事件A」H20-地判)

 職務著作性(3):「カーテン用副資材商品カタログ事件H7-地判)

 職務著作性(4):「写真集『写真で見る首里城』事件H20-地判)

 「法人等の発意」の意義:「『船舶情報管理システム』著作権確認請求事件」(H20-地判/H23-高判

 「法人等の発意」の意義(2)「宇宙工学プログラム事件」H18-高判

 「法人等の発意」の意義(3)「ネットワーク講義教本事件A」H20-地判)

 「法人等の発意」の意義(4)「北見市環境調査報告書事件」H22-高判

 「法人等の発意」の意義(5)「病院の経営管理に関する書籍事件」H22-地判/H23-高判)

 「法人等の発意」の意義(6)「株価チャートソフト『NEW増田足』事件」H23-地判)

 「法人等の発意」の意義(7)「‘漢検’対策問題集事件」H24-地判)

 「法人等の業務に従事する者」の意義:「アニメ『アール・ジー・ビー・アドベンチャー』事件」(H15-最判

 「法人等の業務に従事する者」の意義(2)「パソコン用アダルトゲームソフト事件」H21-地判)

 「法人等の業務に従事する者」の意義(3)「セキスイツーユーホーム広告写真無断転用事件」H17-地判)

 「法人等の業務に従事する者」の意義(4):「暗号化セキュリティソフト『鍵太郎』事件H16-地判)

 「法人等の業務に従事する者」の意義(5)「グラブ浚渫施工管理プログラム事件」H19-地判)

 「法人等の業務に従事する者」の意義(6)DPC分析プログラム事件」H22-地判)

 「職務上作成する」の意義「宇宙工学プログラム事件」H18-高判)

 「職務上作成する」の意義(2)「ネットワーク講義教本事件A」H20-地判)

 「職務上作成する」の意義(3)遮熱材工場の写真事件H20-地判)

 「職務上作成する」の意義(4)測量業務用ソフトウェア『おまかせ君プロ』vs.『位置郎』事件H23-地判)

 「公表する」(151項)の意義「銑鉄運搬車両制御プログラム事件」H21-地判)

 「公表する」(151項)の意義(2)計装士技術講習資料事件H18-高判/H18-地判)

 「公表する」(151項)の意義(3)「高島易断書籍事件」H17-地判)

 「公表する」(151項)の意義(4)「宇宙工学プログラム事件」H18-高判

 「公表する」(151項)の意義(5)「宇宙工学プログラム事件」H18-高判)

 「公表する」(151項)の意義(6)「塾講師執筆テキスト事件」H12-高判)

 「公表する」(151項)の意義(7)「ファミコン用ゲームソフト『ファイアーエムブレム トラキア776』事件」H16-高判)

 「公表する」(151項)の意義(8)「‘漢検’対策問題集事件」H24-地判)

 「別段の定め」(15条)の意義「塾講師執筆テキスト事件」H12-高判)

 
大学教授の職務著作性が問題となった事例:「早大名誉教授エスキース事件」H13-高判)

 勤務弁理士の原稿執筆活動の職務著作性が争われた事例:「勤務弁理士原稿執筆事件」H16-地判)

 
塾講師作成に係るテキストの職務著作性が争われた事例:「塾講師執筆テキスト事件」(H11-地判/H12-高判

 フリーのプロカメラマンの職務著作性が問題となった事例:「オートバイレース走行写真販売事件」H21-地判/H21-高判)

 フリーのプロカメラマンの職務著作性が問題となった事例(2)「‘週刊ホンダ’エンジン写真事件」H25-地判)

 [メール相談] [プロジェクト支援] [コンテンツ契約] [文化庁登録] [米国著作権局登録] [侵害対応]
Provided by Kaneda Legal Service