KLS著作権情報館[ホーム]
c著作権判例Archives[戻る]







著作権重要判例要旨>[46]権利の共有

 他の共有者の侵害行為性「浮世絵春画デジタルワーク・出版事件」H14-高判)

 他の共有者の侵害行為性(2)「気功の通信教育講座事件」H14-地判)

 
他の共有者の侵害行為性(3)「自動作図システム『スーパー土木』開発委託契約事件」H14-地判)

 他の共有者の侵害行為性(4):「映画フィルム『九州雑記』事件」S52-地判)

 他の共有者の侵害行為性(5)YG性格検査用紙損害賠償等請求事件」H19-地判)

 他の共有者に対する権利の行使が信義則に照らし許されないとした事例「保安用品取引事件」H23-地判)

 
共有著作権の持分譲渡に対する同意:「破産会社著作権譲渡承諾請求事件」H11-地判/H12-高判)

 共有著作権の行使に関する合意:「書籍『静かな焔―肝臓移植を受けた医師』出版事件」H4-地判)

 共有著作権の行使に関する合意(2)「ゲームソフト‘LUNAR’シリーズ事件」H15-高判)

 共有著作権の行使に関する合意(3)「‘YG性格検査用紙’出版契約更新拒絶事件」H23-地判/H25-高判

 共有著作権の行使に関する合意(4)「韓国楽曲の著作権信託譲渡契約事件」H24-高判)

 共有著作権行使における代表者の地位にないことの確認を求める請求の可否:「代表音楽出版社の地位不存在確認請求事件」H13-地判)

 117条の解釈:「自動作図システム『スーパー土木』開発委託契約事件」H4-地判)

 持分権に対する損害賠償請求:「書籍『だれでもできる在宅介護』事件-差戻審-H16-地判/H17-高判)

 著作者人格権侵害に対する共同著作者単独での損害賠償請求の可否:「戦没者遺稿集『地のさざめごと』編集著作権等侵害事件」S55-地判)

 [メール相談] [プロジェクト支援] [コンテンツ契約] [文化庁登録] [米国著作権局登録] [侵害対応]
Provided by Kaneda Legal Service