KLS著作権情報館[ホーム]
c著作権判例Archives[戻る]







著作権重要判例要旨>[50]著作隣接権

【総論】

 著作隣接権の立法趣旨:「チェコ共和国製造レコード輸入事件」H14-高判)

 著作隣接権は著作権により制約を受けるか実演家の権利侵害差止請求事件」H20-地判/H21-高判)

【実演家の権利】

 「実演」の意義:「‘Forever21’ファッションショー映像放送事件」H25-地判)

 有線放送による放送の同時再送信:「ケーブルテレビ同時再送信事件@」H16-地判/H17-高判)

 債権者代位権に基づき法942項の報酬を請求した事例「女子プロレスCS放送事件」H22-地判/H22-高判)

 商業用レコードの二次使用料請求権の帰属主体:「商業用レコード二次使用料分配請求事件」S57-地判/S60-高判)

 
著作隣接権の包括的権利譲渡条項の解釈が争われた事例(2):「実演家の送信可能化権確認請求事件H19-地判)

【レコード製作者の権利】

 「レコード製作者」の意義送信可能化権確認請求事件」H19-地判)

 「レコード製作者」の意義(2)「ジャズCD著作隣接権確認請求事件」H25-地判/H26-高判

 レコード製作者の「複製権」「通信衛星デジタル放送番組『スターデジオ』事件A」H12-地判)

 複製権(レコード製作者)侵害を否定した事例:「出来上がり見本(サンプル音楽CD)無断販売事件」H22-地判/H22-高判)

 譲渡権(レコード製作者)侵害を認定した事例:「出来上がり見本(サンプル音楽CD)無断販売事件」H22-地判/H22-高判)

 
レコード原盤制作の契約事情送信可能化権確認請求事件」H19-地判)

 
著作隣接権の包括的権利譲渡条項の解釈が争われた事例送信可能化権確認請求事件」H19-地判)

 商業用レコードの二次使用料支払いに関する合意(契約)の成立を否定した事例:「商業用レコード二次使用料請求事件」H11-地判)

cf.原盤権の利用許諾の拒絶行為が独禁法違反と認定された事例:「‘着うた’提供事業独禁法違反事件H22-高判)⇒「著作権制度の存在意義
cf.黙示の利用許諾を認めなかった事例(2)イタリアオペラ歌手CD無断製作事件H11-地判)⇒「利用の許諾
cf.専属アーティストの受け取る金銭の性質が問題となった事例:GLAY楽曲著作権確認等請求事件H21-地判)⇒「その他

【放送事業者の権利】

 放送事業者の著作隣接権(送信可能化権・複製権)侵害を認定した事例:「テレビ番組ネット配信‘ジェーネットワーク’サービス事件」H23-地判)

 放送事業者の著作隣接権(送信可能化権・複製権)侵害を認定した事例(2)韓国TV事件H26-地判)

 [メール相談] [プロジェクト支援] [コンテンツ契約] [文化庁登録] [米国著作権局登録] [侵害対応]
Provided by Kaneda Legal Service