KLS著作権情報館[ホーム]
c著作権判例Archives[戻る]







著作権重要判例要旨>[56]損害額の認定

 著作権及び著作者人格権侵害に基づく損害賠償請求の関係「『SMAP』インタビュー記事事件」H10-地判)

 懲罰的賠償請求の可否:「『アメリカ語要語集』事件S60-高判)

 懲罰的賠償請求の可否(2)「マンション管理会社記事事件」H15-地判)

 懲罰的賠償請求の可否(3)「雑誌『編集会議』掲載写真請負契約事件」H17-地判)

 外国在住の被害者に対する慰謝料の算定:「モデル小説『XO醤男と杏仁女』・詩の翻訳引用事件」H16-高判)

 損害の発生を認めなかった事例「FX取引トレーディングストラテジープログラム作成事件」H22-高判)

 損害の発生を認めなかった事例(2):「‘浅井コレクション’手紙事件」H16-地判)

 損害の発生を認めなかった事例(3):「円谷プロ国際契約事件B」H23-高判)

 損害の発生(公表権侵害に基づく慰謝料請求)を認めなかった事例(4)「‘かなめ行政書士事務所’ブログ事件-著作権関係-H25-地判)

 違法複製品のインストール後に正規品を購入することによって損害は回復されるか:「資格スクールプログラム無断インストール事件」H13-地判)

 違法複製品のインストール後に正規品を購入することによって損害は回復されるか(2)「アドビプログラム違法複製事件」H15-地判)

 債権侵害行為か著作権侵害行為か:「ショッピングセンター建築設計図無断複製事件」H12-地判)

 未公表の手紙の書籍への掲載が問題となった事例「三島由紀夫手紙事件」H11-地判/H12-高判

 法人の慰謝料請求の可否出会い系サイトバナー無断複製事件H17-地判)

 過失相殺が問題となった事例100円ショップDVD『SL世界の車窓』販売事件H22-地判/H22-高判

 別件訴訟で勝訴判決を得て支払われた賠償額を考慮することができるか:「世界のSLビデオ映像放送事件」H24-地判)

 損害及び加害者を知った時」(民法724条)の意義小学校用国語教科書準拠国語テスト事件BH18-地判/H18-高判)

 消滅時効の援用を認めた事例:「社交ダンス教室無断演奏事件H16-高判)

 消滅時効の援用を認めた事例(2)DVD『中国の世界遺産』事件」H23-地判/H24-高判

 消滅時効の援用を一部認めなかった事例「カラオケボックス『マドンナ』事件」H14-地判)

 消滅時効の援用を認めなかった事例:「鮎釣り大会等スポニチ外部委託写真掲載事件」H22-地判)

 将来の損害賠償請求を認めた事例:「クラブ無断生演奏事件」H17-地判)

 将来の損害賠償請求を認めた事例(2):「社交飲食店楽器演奏差止等請求事件」H18-地判)

cf.懲罰的損害賠償を命じた外国判決についての執行判決の可否:懲罰的損害賠償執行判決事件H9-最判⇒「参考
cf.法人の名誉権侵害に対する民法710条適用の可否:「法人慰藉料等請求事件」(S39-最判)⇒「人格権

【損害額の認定が困難な場合】

 
114条の5を適用した事例:「商品広告販売写真ホームページ掲載事件」H18-高判)

 114条の5を適用した事例(2)「アドビプログラム違法複製事件」H15-地判)

 114条の5を適用した事例(3)「ビデオデッキレンタルシステム『ロクラクU』事件-差戻審-H24-高判)

 114条の5を適用した事例(4)「‘霊言’のDVD頒布事件」H24-地判)

 114条の5の適用を否認した事例社交ダンス教室無断演奏事件H15-地判)

 民訴法248条の適用事例芸能タレントインタビュー事件H15-地判)

【著作財産権侵害と慰謝料請求】

 精神的損害と訴訟物の個数:「パロディ・モンタージュ写真事件A」S61-最判

 著作財産権侵害に基づく慰謝料請求の可否:「ドトールコーヒーパンフレット写真掲載事件」H17-地判)

 著作財産権侵害に基づく慰謝料請求の可否(2):「マトリョーシカ人形デザイン図柄複製事件」H17-地判)

 
著作財産権侵害に基づく慰謝料請求の可否(3):「商品広告販売写真ホームページ掲載事件」H18-高判)

 著作財産権侵害に基づく慰謝料請求の可否(4):「フランス紀行文HP掲載事件」H21-地判)

 
著作財産権侵害に基づく慰謝料請求の可否(5)「江戸浮世絵模写作品(書籍)事件」H18-地判)

 
著作財産権侵害に基づく慰謝料請求の可否(6)著作権フリー写真集CD-ROM覚書事件H17-地判)

 
著作財産権侵害に基づく慰謝料請求の可否(7):「整体専門学校生作成‘ほぐしのマニュアル’事件」H15-高判)

 著作財産権侵害に基づく慰謝料請求の可否(8)小学校用国語教科書準拠国語テスト事件H16-高判)

 著作財産権侵害に基づく慰謝料請求の可否(9):「インディーズ盤CD販売差止等請求事件」H12-地判)

 著作財産権侵害に基づく慰謝料請求の可否(10)楽曲『羅針盤』無断演奏事件H23-高判)

 著作財産権侵害に基づく慰謝料請求の可否(11)「‘北朝鮮の極秘文書’書籍事件」H24-地判/H24-高判

 著作財産権侵害に基づく慰謝料請求の可否(12)「日航機墜落事故書籍事件」H25-地判)

 [メール相談] [プロジェクト支援] [コンテンツ契約] [文化庁登録] [米国著作権局登録] [侵害対応]
Provided by Kaneda Legal Service