著作権重要判例要旨[戻る]







平成5年[8]

「ゲーム『三国志Ⅲ』民事仮処分事件」
平成51207日東京高等裁判所(平成5()989 
差止請求権 
「‘岩田書体’文字設計図事件
平成51118日東京高等裁判所(平成5()1972 
書体の著作物性 
「『THE WALL STREET JOURNAL』抄訳事件」
平成50830日東京地方裁判所(平成3()6310 
著作権制度の存在意義
編集著作物 
「『妻たちはガラスの靴を脱ぐ/見覚め』事件」
平成50830日東京地方裁判所(昭和63()6004 
同一性保持権 
「‘岩田書体’文字設計図事件
平成50428日東京地方裁判所(平成4()4807 
書体の著作物性 
「『智恵子抄』事件」
平成50330日最高裁判所第三小法廷(平成4()797 
著作者 
「『チユーリツプ』・『コヒノボリ』作詞者認定事件」
平成50316日東京高等裁判所(平成1()2844 
著作者
氏名表示権
著作権の譲渡
著作権等管理事業
 
「‘第一次教科書訴訟’事件」
平成50316最高裁判所第三小法廷(昭和61()1428 
表現の自由とその制限 











相談してみる

ホームに戻る