年代順
([ ] 内は事件数)

・ H27[16]
・ H26[31]
・ H25[64]
・ H24[56]
・ H23[55]
・ 
H22[56]
・ H21[36]
・ H20[52]
・ H19[40]
・ H18[35]
・ H17[47]
・ H16[52]
・ H15[51]
・ H14[65]
・ H13[62]
・ H12[62]
・ H11[38]
・ H10[8]
・ H9[14]
・ H8[6]
・ H7[12]
・ H6[11]
・ H5[8]
・ H4[7]
・ H3[9]
・ H2[7]
・ H1[9]
・ S63[4]
・ S62[4]
・ S61[3]
・ S60[6]
・ S59[12]
・ S58[6]
・ S57[7]
・ S56[3]
・ S55[6]
・ S54[6]
・ S53[5]
・ S52[6]
・ S51~S46[12]
・ S45~S26[23]

KLS著作権情報館[ホーム]
c著作権判例Archives
    Updated 2015/12/07







 [メール相談] [プロジェクト支援] [コンテンツ契約] [文化庁登録] [米国著作権局登録] [侵害対応]
Provided by Kaneda Legal Service


著作権重要判例要旨 現在のキーワード総数【1615

[Note]
 本サイト上の「重要判例要旨」は、原則として、原判決の一部をそのまま原文で抜粋する方針のもとで掲載しています。ただし、「読み易さ」を重視する観点から、適宜、語句・数字の省略等を行っている個所もありますので、予めご了解ください。
 なお、「重要判例要旨」のなかの下線は、管理人が特に重要であると考える個所に、管理人の判断で引いたものです。


Ø 本サイト内のすべてから検索

Ø 著作権判例エッセンス

[00]最高裁判例一覧 [88]   
[01]著作権制度の存在意義…【10】  [02]フェア・ユース…【4】 
[03]保護を受ける著作物…【2】  [04]アイディアと表現…【14】 
[05]著作物性一般…【39】  [06]キャラクター…【6】 
[07]言語の著作物…【41】  [08]舞踊の著作物…【3】 
[09]応用美術の著作物性…【30】  [10]書体の著作物性…【11】 
[11]建築の著作物…【4】  [12]地図の著作物…【7】 
[13]図形の著作物…【26】  [14]映画の著作物…【18】 
[15]写真の著作物…【15】  [16]プログラムの著作物…【16】 
[17]二次的著作物…【50】  [18]編集著作物…【48】 
[19]データベースの著作物…【5】  [20]権利の目的とならない著作物…【2】 
[21]著作者…【22】  [22]共同著作物…【11】 
[23]著作者の推定…【6】  [24]職務著作…【36】 
[25]映画の著作物の権利者…【14】  [26]著作者人格権侵害総論…【30】 
[27]公表権…【13】  [28]氏名表示権…【29】 
[29]同一性保持権…【53】  [30]著作者の人格的利益…【16】 
[31]著作権総論…【14】
[31-2]著作権と商標権…【14】 
[32]著作権侵害総論…【33】 
[33]複製と翻案…【49】  [34]「複製」の射程範囲…【45】 
[35]公衆送信権…【15】  [36]その他の種類の著作権…【15】 
[37]二次的著作物に関する権利…【16】  [38]私的使用のための複製…【3】 
[39]引用…【24】  [40]その他の著作権の制限…【24】 
[41]パロディー…【2】  [42]保護期間…【11】 
[43]著作権と時効…【5】  [44]著作権の譲渡…【53】 
[45]利用の許諾…【73】  [46]権利の共有…【15】 
[47]登録制度…【14】  [48]出版権・出版契約…【19】 
[49]実演家人格権…【2】  [50]著作隣接権…【17】 
[51]パブリシティ権・プライバシー権…【31】  [52]侵害とみなす行為…【15】 
[53]侵害主体論…【47】  [54]差止請求権…【27】 
[55]過失責任論…【54】  [56]損害額の認定…【42】
[56-2]著作権法114条…【44】
[56-3]損害額認定の具体例…【27】
[57]罰則…【4】  [58]国際裁判管轄…【6】 
[59]準拠法…【15】  [60]権利濫用…【20】 
[61]その他…【65】
[61-2]一般不法行為論…【55】
[61-3]著作権等管理事業…【8】
[61-4]不当利得…【11】

[61-5]確認の利益…【14】 
[62]参考…【27】
[62-2]人格権…【44】
[62-3]名誉に対する罪…【6】

[62-4]表現の自由とその制限…【11】 











Everyone has the right to the protection of the moral and material interests  resulting from any scientific, literary or artistic production of which he is the author.