実演家(条文解説)

著作権法上、「実演家」とは、「俳優、舞踊家、演奏家、歌手その他実演を行う者及び実演を指揮し、又は演出する者」をいうとされています(法2条1項4号)。そして、「実演」についても、「著作物を、演劇的に演じ、舞い、演奏し、歌い、口演し、朗詠し、又はその他の方法により演ずること(これらに類する行為で、著作物を演じないが芸能的な性質を有するものを含む。)をいう。」という定義規定があります(法2条1項3号)。つまり、著作権法にいう「実演」は、演劇的な行為によって著作物を伝達することであり、この行為を行う者(著作物の伝達者)が「実演家」なのです。もっとも、演劇的な行為に類する行為のうち、「著作物を演じないが芸能的な性質を有するもの(行為)」についても、これを「実演」の射程範囲に含めています。例えば、奇術やサーカス、手品、曲芸、腹話術等がこれに該当すると解されます。
一方、「実演家」には、「実演を行う者」(例えば、俳優、舞踊家、演奏家、歌手、奇術師、マジシャンなど)と、「実演を指揮し、又は演出する者」(例えば、指揮者や演出家など)の両者を含みます。「実演家」は、プロの職業人として実演を行う者だけに限りません。一般人も「実演」を行えば「実演家」に該当します(例えば、小学校の学芸会で芸を演じる子どもたち)。



     Kaneda Copyright Agency
     カネダ著作権事務所


      Home  メール相談  契約マネジメント  文化庁登録マネジメント  侵害対応マネジメントその他
      アメリカ著作権局登録マネジメント  著作権判例エッセンス