47条の自由利用(条文解説)

美術の著作物又は写真の著作物の原作品により、展示権を害することなく、これらの著作物を公に展示する者は、観覧者のためにこれらの著作物の解説又は紹介をすることを目的とする小冊子にこれらの著作物を掲載することができる、とされています(法47条)。
この規定は、美術の著作物や写真の著作物の原作品により、これらの著作物を公に展示するに際しては、従前より、観覧者のためにこれらの著作物を解説し又は紹介したカタログや目録等にこれらの著作物が掲載されることが通常行われており、また、その際の複製の態様が、一般に、鑑賞用として市場において取引される画集とは異なるという実態に照らして、そのような「小冊子」への複製掲載について著作権者の許諾のいらない自由利用を認めることとしたものです。

「第25条に規定する権利(展示権)を害することなく」とは、著作権者(展示権を有する者)から展示の許諾を受けている場合や、美術の著作物又は写真の著作物の原作品の所有者又はその同意を得た者が展示を行う場合(45条1項)などを意味しています。

「観覧者のためにこれらの著作物の解説又は紹介をすることを目的とする小冊子」とは、観覧者のために著作物の解説又は紹介をすることを目的とする小型のカタログ、目録又は図録といったものを意味します。したがって、たとえ、観覧者のためであっても、実質的にみて鑑賞用の豪華本や画集といえるようなものは、これに含まれないものと解されます。つまり、本条の「小冊子」に該当するというためには、これが解説又は紹介を目的とするものである以上、書籍の構成において著作物の解説が主体となっているか、又は著作物に関する資料的要素が多いことを必要とすると解され、また、観覧者のために著作物の解説又は紹介を目的とするものであるところから、たとえ、観覧者に頒布されるものでありカタログの名を付していても、紙質、規格、作品の複製形態等により、鑑賞用の書籍として市場において取引される価値を有するものとみられるような書籍は、実質的には「画集」にほかならず、本条にいう「小冊子」には当たらないと解されます。さらに、本条の予定する「小冊子」は「観覧者のために」著作物の解説又は紹介をすることを目的とするものであるとされていることからすると、観覧する者であるか否かにかかわらず多数人に配布するものは、本条にいう「小冊子」に当たらないと解されます。提示作品を複製した「絵はがき」や「ポスター」、「(1枚刷りの)複製絵画」などは、もとより「観覧者のために著作物の解説又は紹介をすることを目的とする小冊子」には該当しません。

なお、本条に該当する「小冊子」であれば、著作権者の許諾がなくても、これを自由に「譲渡」(実費販売だけでなく、収益を目的としたものでも構いません。)することができます(47条の10本文)。つまり、47条の10本文において「47条の規定により複製することができる著作物は、当該規定の適用を受けて作成された複製物(ここでは「小冊子」のこと)の譲渡により公衆に提供することができる」とあるため、適法に作成された小冊子であれば、実費販売のみならず、収益を目的とした販売であっても自由に行うことができることになります



     Kaneda Copyright Agency
     カネダ著作権事務所


      Home  メール相談  契約マネジメント  文化庁登録マネジメント  侵害対応マネジメントその他
      アメリカ著作権局登録マネジメント  著作権判例エッセンス