上映権(条文解説)

「上映権」は、著作者が享有する「著作権」の一支分権です(法17条1項参照)。
この点、法は、「著作者は、その著作物を公に上映する権利を専有する。」と規定しています(法22条の2)。本条は、著作者が上映権を専有する旨、すなわち、著作者は、公に著作物を上映する排他独占的権利を有する旨を規定したものです。

「上映」とは、「著作物(公衆送信されるものを除く。)を映写幕その他の物に映写すること」をいいます(法2条1項17号)。「上映」という響き(語感)から、上映権は映画のみに係わる権利だと思われがちですが、そうではありません。著作権法上「上映」とは、上述のように、「著作物(公衆送信されるものを除く。)を映写幕その他の物に映写すること」を意味しており、そこでは、対象のとなる著作物を「映画の著作物」に限定しているわけではなく、また、映写する場所を映画館のスクリーンに限定しているわけでもありません。したがって、「上映権」は、美術の著作物や写真の著作物等のいわゆる「静止画系」の著作物など、すべての著作物に認められる権利ですので、この点に注意してください。フィルムに固定された映画をスクリーンに公に映し出す行為はもちろん、CD-ROMに収録されている美術作品や写真などをパソコンのディスプレイ画面上に公に映し出す行為にも上映権が働きます。なお、著作物を物に映写する行為であっても、「公衆送信される著作物」を物に映写する行為については上映権の射程範囲から除外されているため(かっこ書)、公衆送信される著作物、例えば、テレビドラマを受信装置(テレビ受像機など)を用いて公衆に映し出す行為に対しては、上映権は働きません(当該行為に対しては、公の伝達権(23条2項)が働くことになります。)。

上映権は、著作物を「公に」上映する場合に著作者に認められる権利です。「公に」というのは、著作権法では、「公衆に直接見せ又は聞かせることを目的として」という意味で統一して使われています(法22条参照)。ここで、「公衆」とは、不特定の者又は特定多数の者をいいます(2条5項参照)。この定義から、著作権法上、「特定少数」は「公衆」に該当しないため、家庭内やそれに準ずるごく限られた友人間におけるような「特定少数」に対する上映には、そもそも上映権は及ばないことになります。



     Kaneda Copyright Agency
     カネダ著作権事務所


      Home  メール相談  契約マネジメント  文化庁登録マネジメント  侵害対応マネジメントその他
      アメリカ著作権局登録マネジメント  著作権判例エッセンス