Q&A著作隣接権)

プロ野球やJリーグの選手など、プロスポーツ選手は、「実演家」として保護されるのですか?

プロ、アマを問わず、スポーツ選手や監督は、原則として、著作権法にいう「実演家」には該当せず、したがって、プロ野球やJリーグの選手・監督のみならず、ボクシングや世界陸上の選手なども「実演家」として著作権法上保護されることはありません。
著作権法上、「実演家」とは、「俳優、舞踊家、演奏家、歌手その他実演を行う者及び実演を指揮し、又は演出する者」をいいます(法
2条1項4号)。そして、この「実演」とは、「著作物を、演劇的に演じ、舞い、演奏し、歌い、口演し、朗読し、又はその他の方法により演ずること(これらに類する行為で、著作物を演じないが芸能的な性質を有するものを含む。)をいう。」とされています(同項3号)。これらの定義から、著作物を演じない場合でも、著作物を演ずることに類する行為で「芸能的な性質を有するもの」を行う者は「実演家」に含まれることになりますが、スポーツが「芸能的な性質」を有するとは一般的に言い難いため、純粋に「スポーツを行う者」彼らがいかに華麗なプレーをするとしてもが「実演家」に該当することはないと解されます。一方、例えば、サーカスやアクロバットショー、アイススケートショーのような「芸能的な性質」の強いものであれば、これらを演ずる者は「実演家」に該当し、したがって、俳優や歌手などの本来的な実演家と何ら区別されることなく、著作権法上保護されることになります。




     Kaneda Copyright Agency
     カネダ著作権事務所


      Home  メール相談  契約マネジメント  文化庁登録マネジメント  侵害対応マネジメントその他
      アメリカ著作権局登録マネジメント  著作権判例エッセンス