Q&A(出版権)

ある出版社への就職が内定している学生です。「出版権」について教えてください。

著作権法79条1項には、「複製権等保有者」(著作権の中で法21条に規定する「複製権」又は法23条1項に規定する「公衆送信権」を現に有している者)は、「出版行為」又は「公衆送信行為」を引き受ける者に対し、「出版権」を設定することができる、と規定されています。さらに、法80条1項には、出版権者は、設定行為(一般的には、「契約」と考えてください。)で定めるところにより、その出版権の目的である著作物について、出版行為又は公衆送信行為にかかる権利全部又は一部を「専有」する、と規定されています。この点、平成26年改正著作権法において、いわゆる「電子出版権」と呼べる制度が新たに導入されました。この改正により、新たにCD-ROM等による出版やインターネット送信による電子出版を引き受ける出版者が、複製権等保有者との出版権設定契約により、出版権の設定を受けることができるようになりました。
さて、話を戻しますが、「出版権」というのは、複製権等保有者と出版等の引き受ける者との間で、「出版権を設定しよう」という特別な意思の存在を前提として、契約(出版権設定契約)によって発生する、著作物を一定の態様で出版等することに関する排他独占的権利な権利(一種の物権的権利)のことです。著作権者(複製権等保有者)がいわゆるライセンス(利用許諾)契約の下で出版等を希望する者に対して「許諾」(法63条1項)によって付与する「出版権」(業界では、こちらの権利も「出版権」と呼んでいるようです。)とは区別して考える必要があります。著作権法上の「出版権」は、あくまで「物権的」な権利です。これに対し、出版等の「許諾」に基づく「出版権」は「債権」です。「物権」と「債権」の違いについての解説はここでは割愛しますが、著作権法上の正確な用語の使い方としては、「出版権」といった場合には、「設定」に基づく物権的な権利のことで、「許諾」に基づく債権としての「出版権」とはその法律的な性質が異なる、ということだけここでは押さえておいてください。余談ですが、あなたがこれから入っていく出版業界ですら、「出版権設定契約」と「出版(許諾)契約」ないし「独占的出版許諾契約」の違いを知らないか、もしくはその違いをあまり意識していない方がまだかなり多くいるようです。
なお、出版権の「設定」は、文化庁に備えてある登録原簿に登録をしておかないと、「出版権を設定している」という事実を、利害関係を有する第三者に有効に主張することができませので、この点にも注意が必要です(法88条1項1号)。
出版権の具体的な内容(例えば、存続期間や出版権者の特別な義務など)については、「出版権を設定しよう」という当事者間(その契約の中で)で、原則として自由に決めることができます。著作権法では、当事者間の意思が明確でなかったり、特段の意思を表示していなかった場合等に備えて、補充規定(例えば、法81条、83条参照)や強行規定(例えば、82条2項参照)、特別規定(例えば、84条参照)が用意されています。



     Kaneda Copyright Agency
     カネダ著作権事務所


      Home  メール相談  契約マネジメント  文化庁登録マネジメント  侵害対応マネジメントその他
      アメリカ著作権局登録マネジメント  著作権判例エッセンス