Q&A(著作物の利用許諾)

ネットで気に入ったイラストを見つけました。このイラストを自社ブランドの商品に利用したいと考え、そのイラストレーターの方とコンタクトをとろうと思っています。著作物の利用を許諾してもらう場合、どのような点に注意したらよいのか教えてください。

「著作物の利用を許諾してもらう場合」に注意すべき点は、たくさんあります。ここですべてを解説することはできませんので、最重要な点だけお答えします。
まず、他人の著作物の利用を許諾してもらう場合、その許諾をする側(著作権者=ライセンサー)と許諾を受ける側(=ライセンシー)とは、「著作物利用許諾(ライセンス)契約」の当事者になります。つまり、両者の間には「契約関係」が生じることになります。
この「契約」は、口頭だけでも(いわゆる「口約束」だけでも)有効に成立します。しかし、契約は、是非とも文書(書面)をもって取り交わすようにしてください。特に「著作物利用許諾(ライセンス)契約」はビジネス契約ですので、親しい友人間の約束(契約)と同じように気軽に考えること(「書面にするなんて肩ぐるしい」などと思うこと)は、絶対に避けてください。実務を通じて感じることは、契約を巡るさまざまなトラブルのうち、契約書を作成していなかったことに起因するものがいかに多いか、事前に書面で合意事項を明記しておけば避けることができたか、または、そこまでこじれることはなかったであろうと思える場面がいかに多いか、という点です。
著作物の利用許諾契約では、「複製」や「公衆送信」・「翻案」などその著作物のどのような利用形態を許諾するのか、その許諾の期間や地域をどの範囲で設定するのか、対価(著作権利用料・ロイヤリティー)の額や算定方法をどうするのかといった事項を定めるのが一般的です(もちろん、これ以外にも検討しなければならない事項はたくさんあります)。これらの事項の1つ1つについて、当事者間で事前にしっかりと話し合いをして(交渉を重ねて)、お互いが納得のいく結論に達したら、その結論(合意事項)を「○○契約書」という形で書面にしてください。これがビジネス上のトラブルを極力避けるための基本中の基本です。



     Kaneda Copyright Agency
     カネダ著作権事務所


      Home  メール相談  契約マネジメント  文化庁登録マネジメント  侵害対応マネジメントその他
      アメリカ著作権局登録マネジメント  著作権判例エッセンス