『フリーランスのための著作権契約入門』

≪目次≫

1.はじめに

2.著作権契約について

3.契約に関する基礎知識

4.契約書作成実務に関する基礎知識

5.著作権契約書例(契約書ひな形)


1.はじめに

本記事は、特にフリーランスで活動しているさまざまな分野のクリエーター・アーティストのみなさんに「契約を書面化すること」の重要性を再認識していただくとともに、ご自身が実際にご自身の活動に係る契約書を取り交わす際に特に留意すべき事項を解説する目的で書かれたものです。

ビジネスにおける契約書の重要性はいまさら言うまでもないことですが、残念ながら日本ではまだまだ多くの業界で依然として「口約束」が幅を利かせ、口頭による契約だけでビジネス(にわかには信じられない話ですが、億単位の制作費ではじまった映画製作でいっさい契約書が作成されなかったという事例を筆者は知っています。)を遂行している例がまだまだ多く見られます。そして、その行く末がさまざまなトラブルの発生とビジネス(プロジェクト)の頓挫という例も珍しくありません。

このように、重要なビジネスで契約書をいっさい作成しないというのは論外ですが、とりわけ著作権が関わるビジネス(コンテンツビジネスやエンターテインメントビジネス。以下、広く「著作権ビジネス」といいます。)においては、契約書を作成すべきだとわかっていても、実際問題として当事者がそれをすべて自分一人でやるのが難しい場面もあるでしょう。なぜなら、著作権ビジネスにおいては、インターネットに代表される情報技術やデジタルネットワーク化の進展等によって、著作物や実演の利用形態が(いわゆる一次利用だけでなく、二次利用やさらには三次利用と呼べるようなものまで)ますます多様化・複雑化しており、そのような利用形態がビジネスの中心課題となる著作権契約においてはそこで規律されるべき内容も当然に多様で複雑なものになっているからです。そのような状況の中で、契約書の作成が重要だとわかっていても、契約実務や著作権に関する法律知識に必ずしも精通しているわけではないフリーランスの方々が自ら自分の力で適切な条項を備えた契約書を作成したり、自分で作成しないまでも相手方が用意した契約書案を適切にリーガルチェックすること(例えば、自分に不利な条項がないかなどをチェックすること)は決して容易なことではないというのが実情だと思います。

ビジネス(契約)当事者間の意図を誤解のないように明確に文書化してそれを書面に落とし込むという作業は簡単な作業ではありませんが、本記事が、著作権ビジネスにおける「契約の書面化」というハードルを低くして、フリーランスの方々が臆することなく自ら契約書を作成したり、相手方が提示した契約書案を適切にチェックすることの一助となれば幸いです。


2.著作権契約について


3.契約に関する基礎知識


4.契約書作成実務に関する基礎知識


5.著作権契約書例(契約書ひな形)

以下、参考までに文化庁が「著作権契約書作成支援システム」で公表している「契約書例」を(すべて原文のままで)掲載します。
もっとも、これらの契約書例は、文化庁も注意喚起しているように、「あくまでも契約書案ですので、実際に利用する場合は内容をよく理解した上で利用者の責任で使ってください。実際の契約は、当事者間で様々な条件が設定されるのが通常ですので、実際に利用する場合は、このシステムで作成した契約書案を、自分のパソコンにコピーの上、手直しして使ってください。」とのことです。
上述しましたように、「著作権契約書」といってもその種類は多岐にわたり、また、同じ表題の契約書であってもその具体的な内容はさまざまありえますので、あくまで「参考例の1つ」とご了解ください。

≪文化庁が公表している契約書例≫

<sample01>【講演、パネルディスカッション、座談会に関する契約書例(1)】

<sample02>【講演、パネルディスカッション、座談会に関する契約書例(2)】

<sample03>【演奏会、上演会における出演者と主催者の契約書例(1)~リアルタイムでの利用と録音・録画物の利用を分けて規定した例

<sample04>【演奏会、上演会における出演者と主催者の契約書例(2)~リアルタイムでの利用と録音・録画物の利用をまとめて規定した例】

<sample05>【演奏会、上演会における出演者と主催者の契約書例(3)】

<sample06>【原稿執筆の依頼の際の契約書例(1)~原稿の著作権を執筆者が保有する(依頼者に譲渡しない)ケースを想定した例

<sample07>【原稿執筆の依頼の際の契約書例(2)】

<sample08>ビデオ(会社のイメージ映像、社員研修用映像等)の作成の依頼の際の契約書例】

<sample09>【写真撮影の依頼の際の契約書例】

<sample10>【既存の原稿、イラスト、写真などの利用の際の契約書例(1)~写真の著作物を印刷物に使用することを許諾するケースを想定した例】

<sample11>【既存の原稿、イラスト、写真などの利用の際の契約書例(2)】

<sample12>【主催者が利用するイラストなどの公募の際の募集要項(1)~シンボルマークデザインの募集を行うケースを想定した例】

<sample13>【主催者が利用するイラストなどの公募の際の募集要項(2)

<sample14>【展覧会、発表会、コンクールなどの作品募集の際の募集要項(1)~ビデオ映像作品の募集を行うケースを想定した例】

<sample15>【展覧会、発表会、コンクールなどの作品募集の際の募集要項(2)】



     Kaneda Copyright Agency
     カネダ著作権事務所


      Home  メール相談  契約マネジメント  文化庁登録マネジメント  侵害対応マネジメントその他
      アメリカ著作権局登録マネジメント  著作権判例エッセンス