著作権による保護を受けないもの

WIPO著作権条約及びTRIPS協定(アメリカ合衆国は同条約及び同協定の締約国(加盟国)です。)には、著作権による保護は、「アイディア[思想・着想]<ideas>、「手順[手続]<procedures>、「運用[操作]方法」<methods of operation>、「数学的概念」<mathematical concepts>には及ばないとする規定があります(同条約2条、同協定9条2)。これらの規定の内容は当然に締約国(加盟国)であるアメリカにおいても通用することになるのですが、米国著作権法にも、同規定と同様の趣旨の規定米国著作権法102条(b))があります。
米国著作権法102条(b):
In no case does copyright protection for an original work of authorship extend to any idea, procedure, process, system, method of operation, concept, principle, or discovery, regardless of the form in which it is described, explained, illustrated, or embodied in such work.
(対訳)
いかなる場合にも、著作者の作成に係る著作物に対する著作権による保護は、アイディア[着想]、手順、工程[プロセス]、方式[システム]、操作方法、概念、原理又は発見には及ばない。このことは、これらが当該著作物において記述され、説明され、図解され、又は収録される形式の如何にかかわらない。

米国著作権法規則<Copyright Office regulations codified in the Code of Federal Regulations>202.1<Material not subject to copyright.>には、著作権による保護が及ばず、したがって、米国著作権局への登録申請が認められていないものが例示されています。この規則を参考にしながら、アメリカで著作権による保護を受けることができないものの典型例について解説します。

1) 名前、タイトル、短いフレーズ、一覧表など。

名前や名称(例えば、商品やサービスの名前、商号、団体名、グループ名、バンド名、キャラクターの名前、ペンネーム、芸名)、著作物の題号(タイトル)、短いフレーズ(例えば、キャッチフレーズ、モットー、スローガン)などは、それがいかに奇抜で目新しく特徴的でも、著作権による保護を受けることはできません。また、出来事や事実・素材などをただ羅列しただけの一覧表(例えば、材料をリストアップしただけのレシピ、イベントの一覧表)も、著作権による保護を受けることはできません。もっとも、これらのなかには、商標法<trademark law>や不正競争法<unfair competition law>などを通して保護されうるものもあります。なお、ロゴ<logo, logotype>のなかには著作権法によって保護されうるものもあると思います。

2) アイディア、方法、システムなど。

アイディアや方法、システムなどは、著作権による保護を受けることはできません。何かをしたり、何かを作ったりするための「アイディア」や「方法」(例えば、ゲームのルール、料理法)、科学的又は技術的な「方法」や「発見」、商売の「やり方」、数学的な「原理」や「公式」、「方程式」、「アルゴリズム」、その他何かの「概念」や「プロセス(手順)」、「操作方法」、「発見」などは、すべて著作物性が否定され、著作権保護の対象外になります。
ここでは、具体例をあげて、もう少し詳しく解説します。
あるアイディアやシステムなどが表現物として言語的・絵画的に「記述」され「説明」され「図解」されれば、その表現物は著作権による保護対象となりえます(例えば、ゲームのルールを説明した「解説書」、レシピを解説した「本」)。しかし、その場合でも、著作権は、その表現された特定の言語的・絵画的な「記述」・「説明」・「図解」を保護しうるにとどまり、その背後や根底に含まれる「アイディア」や「システム」・「方法」等に保護を及ぼすものではありません(ゲームのルールや料理法そのものを保護するものではない)。また、ある人が「インナーネットを使ったうまいビジネスの方法」を考案したとしましょう。その人は、イラストや図解を駆使しながら自分が考案したその「うまいビジネスの方法」を本にまとめました。この場合、この人は、著作権に基づいて、その本の内容(イラストや図解、説明部分)を誰かが勝手に複製して出版する行為を止めさせることはできますが、彼の考案したその「方法(アイディア)」を誰かが実践して金儲けをしても、そのことに対して文句を言うことはできません。このように、「表現」を保護し、「アイディア」を保護しない、というのが、洋の東西を問わず、現代の著作権制度の大原則になっています。

3) 書き込み用紙、書式など。

「書き込み用紙」<blank form>や「書式・体裁」<format>などは、著作権による保護を受けることはできません。規則202.1(c)は、「タイムカード、グラフ用紙、会計簿、日記帳、銀行小切手、スコアカード、アドレス帳、レポート用紙若しくは注文用紙のような、情報を記録するためにデザインされ、それ自体で情報を伝達するものではないもの」を、保護を受けない<blank form>として例示しています。

4) 計算装置、測定器具など。

何かを計算したり測定したりするためにデザインされた装置や器具などは、著作権による保護を受けることはできません。例えば、計算尺<slide rule>、万年歴<perpetual calendar>、巻尺、定規、九九の表など。これらは、「アイディア」や「システム」・「原理」・「公式」等に基づいているからです。装置等に含まれる線や数字、記号、目盛り、又はこれらの組み合わせといったものは、アイディアや原理、公式などによって必然的に決定されるものであるため、著作物性が認められないことになります。

5) タイプフェイス(印刷用書体)。

タイプフェイスの著作物性については、以前よりさまざまな国で議論されているところです。
ちなみに、わが国では、その著作物性を完全に否定しているわけではなく、一定要件のもとでタイプフェイスが独創性及び美的特性を備えていれば、ベルヌ条約上保護されるべき「応用美術の著作物」に該当しうると判示した最高裁の判例があります。




     Kaneda Copyright Agency
     カネダ著作権事務所


      Home  メール相談  契約マネジメント  文化庁登録マネジメント  侵害対応マネジメントその他
      アメリカ著作権局登録マネジメント  著作権判例エッセンス